fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
久遠のいのち
よろしい。議論の出発点としては、大変結構。さて、わたしが「多少のアルコールは害にならない」という言葉に同意すると言ったのには、「あなたのいまの生活にあてはめれば」という条件がついていた。

あなたがたは、いまのような生活に満足している。だが、驚くかもしれないが、人生は本来、全く違ったもののはずだった。あなたがたの身体はもっともっと長くもつはずだった。

質問者:そうなんですか?

そう。

質問者:長くって、どれくらいですか?

果てしなく長く。

質問者:それは、どういう意味ですか?

息子よ、あなたがたの身体は永遠にもつように創られたという意味だよ。

質問者:永遠に?

そう。「いつまでも」ということだ。

質問者:それじゃ、わたしたちはいつまでも死なないはずだとおっしゃるんですか?

あなたがたは決して死なない。生命は永遠だ。あなたがたは不死だ。決して死なない。

ただ、形を変えるだけだ。本来は、それすらも必要はなかった。形を変えると決めたのはあなたがたで、わたしではない。わたしはあなたがたの身体をいつまでももつように創った。あなたは本当に、神が最善を尽くしても六十年か七、八十年で壊れるような身体しか創れないと考えるのか?その程度が、わたしの能力の限界だと思っているのか?

質問者:そんなふうには考えたことがありませんでした。だけど・・・。

わたしはあなたがたのすばらしい身体が永遠にもつように創った!そして、最初の人間たちは文字通り苦痛のないからだの中で、いま死と呼ばれているものへの不安もなしに、生きていた。

あなたがたの細胞が記憶している最初の人類は、神話の中でアダムとイヴと呼ばれている。もちろん、最初の人類は二人だけではなく、もっと沢山いた。

はじめ、あなたがたのすばらしい魂は、物質的な身体のなかで、相対的な世界で得られる経験を通して、真の自己を知る機会を得ることになっていた。それは、何度も説明したとおりだ。

そこで物質をつくるために、猛スピードの振動(考えのかたち)の速度が落とされた―そうやって創られた物質のなかには、あなたがたが物質的な身体と呼ぶものも含まれている。

生命は、あなたがたが何十億年と呼ぶ一瞬の間に、一連の段階を通って発達した。そして、聖なる瞬間がやってきて、あなたがたは海という生命の自ら陸地へ上がり、いまのような形をとるようになった。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト



【2007/10/12 07:00】 | 健康
病気も思考から生まれる その2
なぜなら、あなたには生きようという意志がないからだ。

質問者:それはまた、厳しい告発だな。

厳しくないし、告発でもない。「厳しい」というのは相対的な言葉で、あなたがそう判断しているだけだ。「告発」と言うのは罪を、「罪」は悪事を意味する。だが、この問題は悪事とは関係ないから、罪とも告発とも関係ない。

わたしはただ、真実を言っただけだ。真実をついた言葉は、ひとを目覚めさせる。けれど、目覚めさせられるのが嫌なひともいる。殆どのひとがそうだ。眠っている方がいいのだ。

世界がいまのようになったのは、夢遊病者だらけだからだ。

わたしの言葉のどこが真実でないというのか?あなたには生きようという意志がない。少なくともいままではなかった。

あなたが「一瞬のうちに回心した」と言うなら、あなたがまた身体を虐待すると言うのはよそう。さっきああ言ったのは、いままでがそうだったからだ。

・・・それに、あなたの目を覚まさせるためでもある。眠りが深いと、揺すぶってやらなければ起きないことがあるから。

これまで、あなたは殆ど生きる意志をもっていなかった。そんなことはないと言うかもしれないが、行動をみればはっきりわかる。

タバコに火をつけたことがあるなら―まして、あなたのように二十年もの間、毎日一箱吸い続けている者は―生きる意志など殆どない。自分の体を少しも労わっていない。

質問者:でも、十年前に禁煙しましたよ!

二十年も身体を痛めつけた後で、だろう。それに、酒を飲んだことがあれば、やはり生きる意志など殆どないのだ。

質問者:でも、酒は程ほどにしか飲んでません。

身体はアルコールを摂取するようにできていない。アルコールは精神を損なう。

質問者:でも、イエスもアルコールを口にしたではありませんか?結婚式に出かけて、水をワインに変えましたよ!

イエスが完全であると誰が言ったのかね?

質問者:神さま、そんな。

おやおや、わたしが嫌になったかな?

質問者:神さまが嫌になるなんて、とんでもありません。そんな無礼だ、そうではありませんか?でも、おっしゃることはちょっと極端じゃないでしょうか。父はよく「すべては程ほどがいい」と言っていました。アルコールについては、父が言うとおりだと思っていましたよ。

程ほどの虐待なら、身体はたやすく立ち直れる。だから、お父さんの言葉は当たっている。だが、さっきの言葉は撤回しないよ。身体はアルコールを摂取するようにできていないのだ。

質問者:でも、薬のなかにもアルコールが入っているのがありますよ!

あなたが何を薬と呼ぼうと、わたしはどうすることもできない。ただ言うべきことを言うだけだ。

質問者:あなたは本当に頑固ですね、そうじゃありませんか?

よいか、真実は真実だ。誰かが「多少のアルコールは害にならない」と言ったとして、あなたの今の生活にあてはめれば、その通りだろう。だからといって、わたしの言葉が真実であることに変わりはない。あなたがわたしの言葉を無視してもいいと思うだけだ。

だが、こう考えてごらん。あなたがた人間はいま、だいたい五十年か八十年で身体を使い果たしてしまう。それより長持ちするひともいるが、多くはいない。もっと早くダメになるひともいるが、そう多くはいない。そうではないか?

質問者:ええ、その通りです。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【2007/10/11 18:00】 | 健康
病気も思考から生まれる その1
質問者:でも、どうしてそんなことがあるでしょうか?ひとから感染する病気はどうなんですか?風邪とか―それにエイズも?

あなたの人生では、何もかもまず思考から生まれる、そうでないものは何もない、と言ったはずだ。考えは磁石のようなもので、結果を引き寄せる。考えはいつもはっきりしているとは限らないから。

例えば「わたしはひどい病気にかかる」と考えて病気になるというほど、因果関係ははっきりしていない。それよりも(普通は)もっと微妙だ(「わたしなんか生きている資格はないんだ」「わたしの人生はいつもめちゃくちゃだ」「わたしは敗北者だ」「神さまの罰が当たりそうだ」「わたしは具合が悪い」「人生にうんざりしている!」。)

思考は微妙なものだが、エネルギーの形としては強力だ。言葉はそれ程微妙ではなく、もっと密度が高い。いちばん密度の高いのは行動だ。行動は物理的な重い形で重い動きをしているエネルギーである。あなたが例えば、「わたしは敗北者だ」と否定的なことを考え、言葉にし、行動しているとき、すさまじい創造のエネルギーが動いている。風邪で倒れるのも不思議ではない。それくらいはましな方だろう。

否定的な思考の効果が一端物理的な形を取ってしまうと、逆転させることは難しい。不可能ではないが、極めて困難である。そのためにはとても強い信念に基づく行動が必要だ。宇宙の前向きの力に対する途方もない信念がいる―その力を神と呼んでもいいし、女神、ゆるぎない動かし手、至高の力、最初の原因などと呼んでもい構わないが。

病を癒す癒し手は、そんな信念をもっている。神の世界の知への境界を越えるのはその信念だ。癒し手は、たったいまのあなたが、欠陥のない完璧な存在であるべきことを知っている。その知はまた思考でもある。非常に強力な至高だ。山をも動かす力がある。ましてや、あなたの身体の分子などは簡単に動かす。だから癒し手は、ときには遠くからでも癒すことができる。

思考に距離はない。思考は、言葉は、言葉が口に出るより速く世界をまわり、宇宙を旅する。

「ただ、お言葉をいただかせてください。そうすれば、私のしもべは癒されますから」と聖書にある。その通り、その瞬間、最後の言葉が終わる前に病人は癒されている。こう語った聖書の百人隊長はそれだけの信念をもっていた。

だが、あなたがたはみんな精神的ハンセン病患者だ。精神が、否定的な考えにむしばまれている。否定的な考えの一部はあなたに突き刺さる。あなたがたは多くの否定的な考えを抱き―呼び寄せ―何時間も、何日も、何数巻も、何ヶ月も、ときには何年も、もてあそび続ける。

・・・そうしておいて、なぜ病むのかといぶかる。

「健康上の問題を解決」するには、考え方の問題を解決すればいい。すでにかかった(招いた)ものでも、癒すことができるし、新しい大きな問題が生じるのを予防することもできる。要は考え方を変えればいいのだ。

それに―神である「わたし」が言うのも変なのだが―神かけて頼むから、もっと自分を大切にしなさい。

あなたは、具合が悪くなるまでは、自分の体をないがしろにしている。何も予防をしない。身体よりも自家用車の方を大事にしているくらいだ。もっと酷いかもしれない。

年に一度、定期健診を受ければ病気で倒れるのを予防できるのにそれもせず、教えられた療養法を守らず、薬を服用せず(どうして医師のもとへ行って助けてもらいながら、医師の言うことを聞かないのか?それだけでも、返事ができるかな?)、医者にかかって運動をせず、さらに身体を弱くする。

有害物や毒物、あるいは食物と称されているとんでもない物質で身体をいっぱいにする。

それでも、身体というすばらしいエンジンは動き続ける。そんな酷い目にあいながら、がんばってなんとか動き続けている。

酷いものだ。あなたが身体を酷使している様は本当に酷い。しかも、体のためになることは殆どしない。これを読んで、あなたはその通りと後悔してうなずくだろうが、またすぐに元に戻ってします。その理由がわかるだろうか?

質問者:尋ねるのが怖いです。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【2007/10/11 07:00】 | 健康
あなたは病気を愛している。
質問者:いまぶつかっている健康上の問題はどうすれば解決できますか?三回、生きても足りないほど、さまざまな慢性的な症状に苦しめられているんです。どうして―この生涯で―何もかもいっぺんに背負い込んでしまったんでしょう。

まず、ひとつはっきりさせておこう。あなたは病気を愛している。とにかく、その大半を愛している。自分を憐れんだり、自分に注意を向けるために、病気を利用してきたのだ。

珍しく病気を愛していないことがあれば、それは病気が進み過ぎたからである。病気を創り出したとき予想した以上に、酷くなってしまったからだ。

たぶんもうわかっているだろうが、ひとつはっきりさせておこう。すべて、病気は自分で創り出している。いまでは、頭の固い医師たちさえ、ひとが自分で自分を病気にしていることがわかってきた。

殆どのひとは、全く無意識に病気を創り出している。(自分が何をしているかさえ、気づいていない)。だから病気になったとき、何にやられたのかわからない。自分でしたのではなく、他所から何かが降ってきたように感じる。

そんなことになるのも、殆どのひとが―健康上の問題だけでなく―人生を無意識に生きているからだ。

ひとはタバコを吸っていながら、どうしてガンになったのかといぶかる。

ひとは動物性食品や脂肪をとっておきながら、どうして動脈硬化になったのかといぶかる。

ひとは一生怒り続けながら、どうして心筋梗塞になったのかといぶかる。

ひとは―信じられないほどのストレスに耐えて、過酷な―競争をしながら、どうして発作が起こったのかといぶかる。

それほどはっきりはしていないが、心配のあまり死ぬひとも多い。

心配というのは、最悪の精神活動のひとつだ。非常に自己破壊的な憎悪の次に悪い。心配は何の役にも立たない。精神的エネルギーの浪費だ。それどころか、身体を傷つける生物化学的反応のもとで、消化不良から冠動脈血栓にいたるまで、さまざまな障害を引き起こす。

心配するのをやめれば、すぐにも健康状態は良くなる。

心配するのは、「わたし」とのつながりを理解していないからだ。

憎悪はいちばん破壊的な精神状態である。憎悪は身体を毒する。そうなると、元に戻すことはできない。

不安は、あなたのあらゆるものと対立する。あなたの精神的、肉体的健康に悪影響を及ぼす。不安は増幅された心配である。

心配、憎悪、不安は―さらに、これから生まれる気がかり、苦々しさ、短気、貪欲、不親切、批判、非難なども―すべて、細胞レベルで身体を攻撃する。そうなったら健康を保つことは不可能だ。

同じく―程度の差はあるが―うぬぼれ、わがまま、欲張りも肉体的な病気につながる。あるいは快適さを損なう。

病気はすべて、まず精神のなかで創られる。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【2007/10/10 18:00】 | 健康
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!