FC2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
キーワードは、「見える」という性質だ
質問者:どうすればいいと思われますか?

どうすればいいかということではなく、これは挑戦だよ。あなたがたに、金銭を捨て、紙幣やコイン、各国通貨を捨ててやり直せるか、と挑戦しているのだ。すべてがはっきりと見え、記録を辿ることができて、数字を確認できる、オープンな国際通貨制度をつくりなさい。世界規模で新しい通貨をつくり、サービスや商品を提供すれば「貸し方:クレジット」がふえ、使ったサービスや商品の分だけ「借り方:デビット」が増えるようにする。

すべては、この「貸し方」と「借り方」で計算する。投資の見返り、相続財産、賭け事の儲け、給料や賃金、チップ、お礼、何でもだ。それに、「貸し方」つまり、クレジットというお金がなければ、何も買えない。他には通貨はない。そして、誰の帳簿でも見ることができる。

銀行口座を見ればどんなひとかわかる、と言うね。それに近いシステムになる。少なくとも、いまよりはずっとひとのことがわかる。お互いのことがわかるだけではない。すべてのことが、もっとよくわかる。企業はどれくらい支払い、使っているか―商品の値段だけではなく、コストもわかる(値札に価格とコストの両方を記さなければならなくなったら、企業はどうなるだろう?価格が下がるだろうか、それとも上がるか!競争が激化し、公正な貿易が栄えるだろうか?結果がどうなるか、あなたには想像もつかないだろうね)。

新しい世界補償システム(WCS)のもとでは、「借り方」と「貸し方」の取り引きは、すべてお見通しだ。いつでも、誰でも、他人や企業の帳簿を見ることができる。秘密は何もないし、「プライバシー」で守られることもない。

WCSでは、毎年、自発的に申し出たひとの所得から10%を差し引く。これは所得税ではないし、納税申告書もないし、税控除もなければ、ずるがしこい「節税手段」もありえない!すべての記録が公開されているから、誰がみんなのために10%を提供し、誰がしていないか、すぐにわかる。自発的に提供された分は、投票で決まった政府の政策やサービスに使われる。

とても単純で、わかりやすいシステムだろう。

質問者:でも、世界はそんなシステムに決して賛成しないでしょう。

もちろん、しないよ。どうしてだか、わかるかね?そんなシステムだと、隠れて行動できなくなるからだ。だが、どうしてそんなことをしたがるのだろう?教えてあげようか。いまは「得をする」とか「うまく立ち回る」「うまい汁を吸う」「適者生存」といったことがまかり通る社会に暮らしているからだ。

社会の主な目標が(本当に高度に進歩した社会はどこでもそうだが)、すべてのひとの生存であり、すべてのひとが平等に恩恵を受け、人間らしい暮らしをすることだとしたら、秘密も、内緒の取り引きも、袖の下も、隠し金も、すべて必要なくなるだろう。

そんなシステムが実現したら、古きよき時代の腐敗はもちろん、不公平や不平等もきれいに消えうせるだろう、そうは思わないか?

そのシステムの秘密、キーワードは、「見える」という性質だ。




★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/01/16 07:00】 | お金
金銭の「見えない」という性質を排除しなさい
質問者:どうして、わたしたちは環境保護論者の言うことを聞かないんでしょうね?どうして、わたしたちは彼らの警告に耳を傾けようとしないんでしょうか?

地球上の暮らしの質とスタイルに影響する重要なことはなんでもそうだが、ちょっと見ればすぐにわかるパターンがあるのだよ。あなたがたの世界には、この問題にぴったりの言葉があるね。「金のあとを追え」というのだ。

質問者:こんなに大きくて手に負えない問題を解決しようとしたら、どこから手をつければいいんでしょう?

簡単だよ、金銭を排除しなさい。

質問者:金銭を排除するんですか?

そう。少なくとも、金銭の「見えない」という性質を排除しなさい。

質問者:よくわかりませんが。


ひとは、恥ずかしいこと、ひとに知られたくないことを隠す。だから、多くのひとは自分のセクシュアリティを隠し、殆どのひとは金を隠す。つまり、そういうことをオープンにしない。金銭的なことは自分のプライバシーだと思っている。そこに、問題の種があるのだよ。

みんながみんな、ひとの金銭的な状況をすべて知っていたら、あなたの国でも、地球全体でも、かつて見たこともないような大騒動が持ち上がるだろう。そのあとには、公正と平等、正直、そして、本当に万人のためになる優先順位に従った行動が生まれるだろう。

いま、公正さや平等、誠実さ、その他の共通の善が市場で実現できないのは、金を隠すことがあまりにも簡単だからだ。物理的にも金を隠すことができる。それに、頭のいい会計士なら起業の金を「隠し」たり、「消滅」させたりする方法をいくらでも考え出す。

金は隠せるから、他のひとがどれぐらいもっているか、それをどう使っているかがわからない。それが、詐欺と言わないまでも不平等の温床になる。例えば、企業は同じ仕事をしているひとたちに、全く違った給料を支払う。全く同じ仕事そしているのに、ひとりには年間57,000ドル払って、もうひとりには42,000ドルしか払わない。ひとりはあるものをもっているのに、もうひとりはもっていないからだよ。

質問者:と言いますと?

ペニスだよ。

質問者:ああ、そういうことですか。

そう、そういうことだ。

質問者:でも、それは違うんじゃないですか。ペニスを持っている者は、持っていない者よりも価値があるんです。機敏で頭が良くて能力が高い。

ほう。わたしはそんなふうには創らなかったがな。それほど、能力に違いはないはずだが。

質問者:いや、そうなんですよ。ご存知じゃないなんて、驚いたな。地球の人間なら誰だって、知っていますよ。

この辺で、やめた方がいいのではないか。読んでいるひとが本気にするよ。

質問者:本気じゃないと思われますか?いやあ、わたしは本気ですよ!地球上のひとたちは本気です。だから、女性はローマカトリックやモルモン教の聖職者になれないんです。それに、エルサレムの嘆きの壁でも男性と同じところでは祈れないし、フォーチュン500に数えられる企業のトップにもなれないし、旅客機のパイロットにもなれないし―。

わかった。あなたの言うのも、最もだね。わたしが言うのは、すべての金銭の授受が公開されれば、少なくとも賃金差別は難しくなるだろうということだ。地球上のすべての職場で、あるいはすべての企業が、従業員の給与を全部公開しなければならなくなったら、どういうことになると思う?特定の職種の給与基準だけでなく、ひとりひとりに支払われている現実の給与の額だよ。

質問者:そうですね、「争い合わせて漁夫の利」を占めるというわけにはいかないだろうな。

そう。

質問者:それに、「知らぬが仏」ともいかなくなるでしょうね。

そう。

質問者:それから、「三割安い給料で彼女を雇えるんなら、どうしてもっと払う必要があるんだい?」と、しらばっくれることもできなくなる。

そうそう。

質問者:それから、おべっかづかいやお世辞、「コネ」、派閥争いなんかもなくなって、それから―。

金銭の動きをオープンにするだけで、もっとたくさんのことが職場からも、世界からも消えるだろう。考えてごらん。それぞれがどのくらいの金を持っていて、産業や企業、それにエグゼクティヴにどれほどの所得があるか―それぞれが、どんなふうに金を使っているか―が正確にわかったら、物事は一変するとは思わないか?ちょっと、考えてみてごらん。どんなふうに変わると思う?

一番はっきりしているのは、本当のことを知ったら世界でいま行われていることの90%はゆるされないだろうということだ。社会は、極端に不公平な富の配分を決して許さないだろうし、まして、富を得る手段も、もっと儲けようというやり方も、具体的な事実を知ったら、決して放っておかないだろう。

公共の目という光にさらすことほど、行いを早く改めさせる方法は、他にない。だから、アメリカの議事公開法が政治・行政システムの混乱を一帰するのに大きな効果を上げたのだ。公聴会と責任の公開によって、1920年代、30年代、40年代、50年代に地方行政や学校運営委員会、選挙区などではびこった奇怪な裏取引は撲滅されただろう。政府ももちろん同じだ。そろそろ、地球上のものやサービスの取引にも、一種の「公開法」を取り入れるといいんじゃないかな。







★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


【2008/01/15 07:00】 | お金
お金に対する考え方 その4
質問者:どうすれば、考え方を変えられれますか?わたしはわたしの考え方で考えるしかありません。考え方とか姿勢とか思いとかは、一瞬でできるものではない。何年もの経験の結果、それまでの生涯の出会いの結果でしょう。お金に対するわたしの考え方はおっしゃる通りですが、でも、どうすれば変えられるんですか?

そこは、この本のなかでも最も興味深い質問かもしれない。普通、ひとの創造方法には、思考、言葉、それに行為あるいは行動という三つの段階がある。

第一が思考、創造的な考え、最初の概念だ。その次に言葉がくる。殆どの思考はいずれ言葉になり、書かれたり語られたりする。言葉になることで思考にエネルギーが加えられ、世界に押し出されて、他の人たちの目や耳に触れる。

最後に、言葉が行動になり、結果を生むことがある。思考から始まったものが、物理的な世界に出現する。


人間が創った世界で、あなたがたの周りにあるものはどれも、こんなふうにして生じる―多少、形は違っても本質は同じだ。創造の三つのセンターが使われているのだ。

そこで、問題が生まれる。支えとなっている考えをどうすれば変えられるか?

そう、これは大変に良い質問だ。そして、とても重要な質問だ。支えとなっている考えのいくつかを変えなければ、人類は滅亡してしまうかもしれない。

根になる考え、つまり支えになっている考えをいちばん速く変える方法は、「思考―言葉―行為」というプロセスを逆転させることだ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【2007/10/02 18:00】 | お金
お金に対する考え方 その3
質問者:間違っているとか正しいとかいうことはないのでしょう。

そう、そういうものはない。ただ、あなたにとって有益なことと、そうでないことがあるだけだ。「正しい」とか「間違っている」というのは相対的な言葉で、私も相対的な意味で使っている。この場合、あなたにとって有益かどうかで見れば―あなたが欲している事柄との関係でいえば―あなたの考えは間違っているということだ。

思考は創造に繋がることを忘れないように。だから、あなたが金は悪いものだと考え、自分自身は価値があると考えれば・・・葛藤が生じる。

さて、わが息子よ、あなたの場合特に考え違いの影響が大きい。大抵のひとは、あなたほど悩まない。生活のために嫌でたまらないことをしているから、金を得ることを何とも思わない。言ってみれば、「悪い」ものを得るために「悪い」ことをしている。ところがあなたは人生を捧げている活動を愛している。一生懸命にしている活動を賛美している。

あなたが自分の活動に対して大金を得れば、「良い」ことをして「悪い」ものを得ることになる。それがあなたには受け入れられない。純粋な奉仕をして「汚い銭」を得るくらいなら、飢えたほうがいいと思っている・・・あるいは、金を取ると奉仕の純粋さが損なわれると感じる。

そこに、金にまつわる矛盾がある。あなたの一部は金を拒否しているのに、一部は金がないことを恨んでいる。それでは、宇宙はどうしていいのかわからない。宇宙はあなたから二種類の違った思考を受け取るからだ。そこで、あなたの人生には金に関する限り、一貫性がなくて揺れ動くことになる。あなた自身の金に対する考え方に一貫性がなく揺れ動いているからだ。

あなたは、焦点が定まっていない。自分にとって真実は何か、あなたには確信がない。宇宙というのは、巨大なコピー機に過ぎない。あなたの考えを何枚もコピーするだけだ。すべてを変える方法はひとつだ。あなたの考えを変えるしかない。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【2007/10/02 07:00】 | お金
お金に対する考え方 その2
あなたは、金は悪いものだと思っている。また、神は善いものだと思っている。それはよろしい!しかし、あなたの思考の中では、神と金は交じり合わない。

質問者:そうですね、見方によれば、それは真実でしょう。わたしはそう考えています。

すると、面白いことになる。なぜなら、良いことをして金を得ることが難しくなるからだ。

つまり、あなたにとっては、「良い」と判断することは金銭的な価値観が低いことになる。「より良い」こと(より大きな価値のあること)は、もっと金銭的な価値が少ないというわけだ。

そう考えているのは、あなただけではない。あなたがたの社会全体がそう考えている。だから、教師は薄給で、ストリップの踊り子は大金を稼いでいる。指導者たちの報酬はスポーツ選手に比べればスズメの涙で、その差を埋めるためには汚職をする。聖職者やラビはパンと水で暮らしているのに、タレントたちには金が降るように集まってくる。

考えてごらん。あなたがたは、本質的な価値のある物は安く手に入るべきだと思っている。たったひとりでエイズの治療法を研究している科学者は資金集めに苦労し、新しいセックスの技巧100種類について本を書き、ビデオを製作し、週末セミナーを開く女性は・・・大金持ちになる。

そんなふうにすべてが逆さまになる傾向があるが、それもみんな考え違いのせいだ。

金について、あなたがたは考え違いをしている。あなたがたは金を愛しているのに、金はすべての悪の根源だと言う。金を崇めているのに、「汚い銭」と呼ぶ。ひとを「汚い金持ち」呼ばわりする。誰かが「良い」ことをして金持ちになると、すぐに疑いを抱く。それは「おかしい」と思う。

だから、医師はあまり儲けない方がいい。あるいは、儲けても内緒にしておくことを覚えた方がいい。

聖職者は―さあ、大変だ!彼女が大金を稼ぐのは絶対に良くない(あなたが、女性聖職者を認めるとして、だが)。必ず困った目にあう。

あなたは、崇高な天職を選んだものは、誰よりも褒賞が少なくて当然だと感じている・・・。

質問者:ふーむ、そうですねえ。

そう、まさに「ふーむ」と言うべきだ。そこのところをよく考えた方がいい。それはとんでもない考え違いだから。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【2007/10/01 18:00】 | お金
| ホーム | 次ページ
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!