fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
自己救済
質問者:でも、わたしはあのトラックにひかれることを選んだのではない!あの強盗に襲われることを選んだのではない、あの精神異常者に強姦されることを選んだのではない。ひとはそう言うでしょう。そう言えるひとが、世の中には確かにいるんです。

あなたがたはみんな、根本のところで、強姦に盗みの欲求、あるいは必要性を起こさせる原因を生み出している。あなたがたひとりひとりが、強姦を可能にする意識を生み出している。

あなたがたが自らのなかに犯罪の原因を見出したとき、ようやく犯罪の温床となる原因の治療を始めることができる。

飢えた人びとに食物を、貧しい人びとに尊厳を与えなさい。運に恵まれていないひとに機会を与えなさい。大衆が群れて怒る原因となる偏見に、より良い明日へのささやかな約束によって終止符を打ちなさい。性的エネルギーにかんする無意味なタブーや制約を捨て、人びとがその真のすばらしさを理解するように、適切な方向にエネルギーを向けるように助けてやりなさい。

そうすれば、盗みや強姦がいない社会に向かって大きく前進するだろう。

いわゆる「事故」というもの、曲がり角のむこうから疾走してくるトラックや、空から降ってくるレンガについては、出来事を大きなモザイクの一片として受け止めるすべを覚えなさい。

あなたがたは、それぞれ自分を救済する計画を実践するために、この世にやってきた。救済といっても、悪魔の誘惑から自分を救うという意味ではない。悪魔などというものはないし、地獄も存在しない。

あなたがたは、真の自分を実現しないという忘却の淵から自分を救おうとしているのだ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         

スポンサーサイト



【2007/08/21 23:00】 | 人生
心をひとつに
質問者:それでは、世界にはいつまでも問題があるだろうとおっしゃるのですか?いつまでも問題があることの方をあなたは望んでいるのですか?

わたしは、世界がいまのようであるのは―雪の結晶が雪の結晶として存在するように―はっきりと意図された結果だといっている。あなたがたが、そういう世界を創り出したのだ。自分の人生を創り出したように。

わたしが望むのは、あなたが望むことだ。あなたがたが本当に飢餓を終わらせたいと思った日に、飢餓はなくなるだろう。

そうするための力はすべて与えてある。その選択をするための道具を、あなたがたはすべてもっている。だが、そうしなかった。できないからしないのではない。

世界は明日にでも飢餓を終わらせることができる。あなたがたが、その選択をしないのだ。

毎日四万人が死ぬのには、やむをえない理由があるのだと、あなたがたは言う。だが、そんな理由はない。

あなたがたは毎日四万人が餓死するのを止められないと言いながら、一方では毎日五万人の新しい命を誕生させている。それを、あなたがたは愛だという。それが神の計画だという。そんな計画は論理的でもなく、根拠もない。まして、同情とは何も関係ない。

あなたがたが選んだから、世界はいまのような状態なのだ。あなたがたは組織的に環境を破壊しておいて、いわゆる天災を神の残酷な悪戯だ、自然の厳しさだと言う。だが、自分に悪戯を仕掛けているのはあなたがた自身であり、残酷なのはあなた方のやり方だ。

自然ほど優しいものは他にない。そして、自然に対する人間の仕打ちほど残酷なものは他にない。それなのに、あなたがたは手をこまぬいて、全責任を否定している。自分たちの過ちではないとあなたがたは言うが、それもあたっている。過ちではなく、選択の問題だからだ。

あなたがたは、明日、熱帯雨林の破壊を止めることができる。地球を守るオゾン層の破壊を防止しようという選択ができる。地球の精巧な生態系への攻撃をやめようという選択ができる。雪の結晶を元に元に戻そうと努力することができる。

たが、あなたがたはそうするだろうか?同じく、明日すべての戦争を終わらせることができる。簡単に、たやすく。いま必要であり、これまでも必要だったのは、全員が心をひとつにすることだけだ。

だが、人間同士の殺し合いを終わらせるという基本的で単純なことでさえ、全員が同意できないのに、どうして天がこぶしを振り回して、あなたがたの人生に秩序をもたらしてくれるなどと期待するのか。

わたしは、あなたがた自身がしないことは何もしない。それが法則であり、預言だ。

世界がいまのようになったのは、あなたがたのせいだ。あなたがたが何かを選択した、あるいは選択しなかったせいだ(決意しないというのも決意のひとつだから)。

地球がいまのようになったのみ、あなたがたのせい、あなたがたが何かを選択した、あるいは選択しなかったせいだ。

あなたがた自身の人生がいまのようになったのは、あなたがたのせい、あなたがたが何を選択した、あるいは選択しなかったせいだ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         

【2007/08/21 14:00】 | 世界情勢
表と裏
質問者:それでは、明日、問題がなくなれば、神もいらなくなるんですうね!

その通り。あなたの言う通りだ。創造を通じて存在するわたしたちすべてにとって、もう創造することがなくなる。ゲームは続いた方がいいのだ。

すべての問題を解決したいと言っても、すべての問題が解決してなくなればいいとは思わないだろう。そうしたら何もすることがなくなってしまう。

あなたがたの産業界と軍部はこのことをよく知っている。だから、戦争をしない政府を樹立しようとする試みに強く反対する。

医学界もこのことをよく知っている。だから、奇跡的な新薬や治療法に、まして奇跡そのものの可能性に、断固として抵抗する。自分たちの存立がかかっているからだ。

宗教界もこのことをよく承知している。だから、不安や批判、報復というものを含んでいない神や、彼らの信仰とは違った信念をもつ人間という考え方に、一丸となって攻撃そ加える。

あなたこそ神であるとわたしが言ったら、宗教はどうなるか?あなたは癒されると言ったら、科学と医学はどうなるか?あなたがたは平和に暮らすだろうと言ったら、和平仲介者はどうなるか?世界は完成された、改善の必要はないと言ったら、世界はどうなるか。改善に携わる修理工はどうなるだろうか?

世界は基本的には二種類の人びとから成り立っている。あなたの欲するものを与えるひとと、操作するひとだ。

ある意味では、欲するものを与えるひと、肉屋やパン屋、ロウソクづくりなども、操作するひとだと言える。

何かが欲しくなるというのは、どうしても必要だと思うように仕向けられるということだから。それが昂じて中毒になると、際限なく欲しがるようになる。欲望が中毒に変わらないように注意しなさい。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


【2007/08/21 07:00】 | 世界情勢
| ホーム |
カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!