FC2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
神の愛を吸収する瞑想
質問者:どうして、そんなことができるんですか?どうすれば、できますか?

これは認識の問題だ。前にも言ったように、全的な認識の問題なのだよ。全的な認識は行動ではなく、状態だ。そうする、のではなく、そうあるものなのだ。

質問者:どうすればそうなるんですか?どうすればいいんですか?きっと、道具(ツール)があるはずですよね。

毎日の瞑想は、最良の道具のひとつだ。瞑想によって、生命のエネルギーを最高のチャクラに引き上げることができる―さらに、「目覚めた」ままで身体から離れることさえできる。

瞑想していると、身体が目覚めた状態のままで、全的な認識を経験する用意ができる。この準備ができている状態を「真の目覚め」と呼ぶ。

だが、瞑想は単なる仕掛け、あなたが言う「道具(ツール)」にすぎない。真の目覚めを経験するには、座って瞑想しなければならいとは限らない。立って行う瞑想もある。歩く瞑想もある。行動する瞑想もある。セクシュアルな瞑想もある。

この状態で立ち止まるというのは、道のなかばで足を止めること、どこかへ向かうのをやめること、何かをするのをやめること、立ち止まってその場に「いる」こと、ただその場で本来の自分でいることだ。

ほんの一瞬でも立ち止まることは、祝福に値する。周りをゆっくりと見回せば、通り過ぎるだけではわからなかったことに気づく。雨上がりの深々とした土の匂い。愛するひとの左耳にかかる巻き毛。遊ぶ子どもたちを見る楽しさ。この状態を経験するのに、身体から離れる必要はない。これが、真の目覚めの状態だ。

この状態で歩いていれば、すべての花の香りを吸い、すべての鳥とともに羽ばたき、一歩ごとの足元の感触を実感できる。美と智恵を発見する。智恵は、美がかたちづくられるところにある。美は、すべての生命によってあらゆるところにかたちづくられている。探す必要はない。向こうからやって来る。

この状態で「行動」すれば、何をしてもそれが瞑想になり、あなたからあなたの魂への、そしてあなたの魂からすべてへの贈り物になり、捧げ物になる。

皿を洗えば、手をひたす湯の温かさを楽しみ、湯と温かさの両方に感動する。コンピュータを使っていれば、指の動きに応じて目の前のモニターに現れる文字を見て、思い通りに動く心身の力にワクワクする。夕食の支度をすれば、食べ物を与えてくれた宇宙の愛を感じ、お返しに自分の愛のありったけを食事に込める。その食事がごちそうだろうと、質素だろうと、それは構わない。缶詰のスープだって、愛によって美味になる。

この状態で性的なエネルギーの交換を経験すれば、本当の自分の最高の真実を知る。

恋人の心があなたのホームになる。恋人の身体はあなたのものになる。あなたの魂は、もう自分が他から離れているとは想像しなくなる。

準備ができたとき、あなたははっきりと目覚める。微笑がそこへ連れて行ってくれる。シンプルな微笑だ。一瞬、すべてを止めて、ただ微笑む。何かに向かって微笑むのではない。ただ、良い気分だから微笑む。心が秘密を知っているから微笑む。魂が秘密を知っているから微笑む。そのために微笑む。たくさん微笑む。その微笑が、どんな痛みも癒してくれる。

あなたは道具(ツール)を教えてくれと言う。だから教えてあげよう。呼吸しなさい。これも道具だ。

長く、深く呼吸しなさい。ゆっくりと、穏やかに呼吸しなさい。生命という無を、満ち溢れるエネルギーを、満ち溢れる愛を静かに呼吸しなさい。あなたが呼吸しているのは、神の愛だ。深く呼吸しなさい。そうすれば感じられる。深く、深く、呼吸しなさい。そうすれば、泣きたくなるほどの愛が溢れ出す。うれしくて、泣きたくなる。神に出会うから。神があなたをあなたの魂に紹介してくれるから。

一度、これを経験すれば、人生は一変する。ひとは、「山の頂上に立った」り、最高のエクスタシーを感じた経験を語る。そういう経験をすると、ひとはすっかり変わる。

質問者:ありがとうございます。わかりました。簡単なことですね。簡単で、純粋なことですね。

そう。だが、いいかな。何年も瞑想しても、この状態を経験できないひともいる。ひとがどれほど開かれているか、どのくらいの意思をもっているか、それが大事だ。それに、どんな期待ももたずにいられるか、ということも大事だね。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/04/30 21:00】 | 祈り
大いなる智恵をもっている者は、あまり寝る必要がない
質問者:眠るのは、身体が休息を必要としているからだと思っていました。

それは間違いだ。逆だよ。魂が休息を求めている。だから身体が「眠りに落ちる」のだ。

魂は身体の制約にうんざりし、重さにうんざりして、自由のなさにうんざりすると、文字通りからだから抜け出す(ときには、立ったままでも)。

「燃料を補給」しようと思うと、魂は身体から抜け出す。事実でないこと、偽りの現実、想像上の危険に飽き飽きし、つながりと確信と休息と、精神の目覚めをもう一度味わいたいと思ったときだ。

最初に身体を擁した魂は、これは非常に難しい経験だと感じる。とても疲れるのだ。とくに、新しく到着した魂は疲れる。だから、赤ん坊はしょちゅう眠っている。

再び身体に宿ったときのショックが薄れると、だんだん耐性がついてくる。そうすると、身体にとどまる時間がだんだん長くなる。同時に、精神と呼ぶ部分が忘却に落ち込んでいく。

これは、予定通りだ。魂が、前ほど頻繁ではなくても、相変わらず毎日、身体を離れて飛び回っても、精神はもう思い出に戻っていかなくなる。それどころか、魂が自由に飛び回っているとき、精神は混乱しているかもしれない。

そこで、存在全体が自問する。「わたしはどこにいるのだろう?わたしはここで何を創造しているのだろう?」この疑問のために、夢は断続的で行き当たりばったりの旅になる。ときには、怖いたびにもなる。それが「悪夢」だ。

逆の場合もある。魂はよく覚えている場所に着く。精神も目覚める。すると平和と喜びがあふれてくる。魂が身体に戻ってくると、あなたもその平和と喜びを感じる。

こうした若返りの経験を重ねると、あなたという全存在がほっとする。自分は身体に宿って何をしているのか、何をしようとしているのかを思い出すと、魂はそう頻繁には身体から抜け出さなくなる。目的と理由があって身体に宿ったことがわかるからだ。目的を追求し、そのために身体とともにいる時間を最大限に活用しようとするからだ。

大いなる智恵をもっている者は、あまり寝る必要がない。

質問者:すると、どのくらい眠る必要があるかで、そのひとの進歩レベルがわかるんですか?

だいたいはね。だいたいのところはわかる。ときには、ただ楽しむだけのために、魂が身体を離れることもあるから。精神の目覚めや身体の若返りが目的ではなく、「ひとつであるもの」を知るという無上の喜びを再創造するために、身体を離れることもある。

だから、必ずしも眠りが少ないひとほど進歩しているのでもない。

しかし、身体で何をしているのかに目覚めたひとほど(そして、自分は身体ではなく、身体とともにいるのだと気づいているひとほど)身体とともに長くいられる。だから、「眠りが少なくてすむ」ように見えるのは、偶然ではない。

ときには、身体とともにいる忘却の状態と魂の一体感を、同時に経験しようとするひとたちもいる。そういうひとたちは訓練によって、身体とともにいながら、自分の一部を身体から切り離す。こうして、人間としては目を覚ました状態でいながら、真の自分を知るという無上の喜びを経験する。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/29 21:00】 |
魂は毎日、身体から離れている
質問者:人生は学校のようなものなんですね。子どもの頃には、毎年、新学期に学校が始まるのが待ちきれませんでした。でも、学期末には、学校が終わると思ってわくわくしましたよ。

そうそう!そのとおり!うまいことを言う。全くそのとおりだよ。ただし、人生は学校ではないがね。

質問者:ええ、覚えています。以前は、人生は「学校」で、わたしたちはこの世に「学びに」きたんだと思っていました。1冊目の対話で、そうではないことを教えてもらって、非常に助かりましたよ。

それはよかった。はっきりとわからせてあげることが目的だから。さて、魂が必ずしも「生」を嘆いていなくても、「死」後、喜びに満ち溢れるのはなぜなのか、わかっただろう。

だが、前にもっと大きな質問をしたね。あそこに戻らなければならない。

質問者:とおっしゃいますと?

あなたは、「身体と一緒だと魂がそんなに不幸なら、どうしてさっさと離れてしまわないのだろう?」と言った。

質問者:ああ、はい、言いました。

魂は離れるのだよ。それも、前に説明した「死」の場合だけではない。だが、不幸だから離れるのではなく再生したいから、若返りたいから、身体から離れる。

質問者:すると、しょっちゅう離れるわけですか?

毎日。

質問者:魂は毎日、身体から離れているんですか?いつですか?

魂がもっと大きな経験をしたいと思ったとき。その経験で若返る。

質問者:ただ、離れるんですか?

そう。魂はいつでも身体から離れる。一生を通じて何度でも。だから、眠りというものを編み出したのだ。

質問者:眠っているとき、魂は身体から離れるんですか?

もちろん。それが眠りだ。

人生を通じて、魂は時折若返ろうとする。身体と呼ぶ運搬車をごろごろとひきずっていく燃料を補給すると言ってもいい。

身体に宿ることが、魂にとって楽なことだと思うかな?とんでもない!単純かもしれないが楽ではない!喜びではあっても楽ではない。魂にとっては、いままでで一番難しいことなのだ。

あなたには想像もつかない軽やかさと自由を知っている魂は、もう一度その状態になりたくてたまらない。

学校は好きだが、早く夏休みが来ないかな、と待ち焦がれている子どものように。道連れが欲しくてたまらなくても、ずっと他のひとといると、一人になりたいと思う大人のように。

魂は本来の状態に戻りたいと思う。魂は軽くて自由だ。それに、安らかで喜びに満ちている。同時に何の制約も苦痛もない。完璧な智恵、完璧な愛だ。

魂はこれらのすべてであり、それ以上だ。だが、身体とともにあるときには、それをめったに経験できない。だから、折り合いをつけることにした。

選んだ自分を創造し、経験するために必要なだけ、身体にとどまろう。ただし、そうしたいと思ったら、身体から離れよう!そして、眠りと呼ばれる経験を通じて、毎日それを実行している。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/28 21:00】 |
セックスとチャクラ
「高度」であろうとする者は禁欲せよ。という戒めは、わたしの戒めではない。それは、勧めだ。勧めはは戒めではないのに、あなたがたは勘違いをしている。

わたしの勧めとは、セックスをしないことではなくて、全体ではない(un-whole)ことはやめなさいということだった。

セックスでも、朝食でも、仕事でも、浜辺を散歩するのでも、縄跳びをするのでも、良い本を読むのでも、何をするにしても、あなた全体として、あなたの総体として行いなさい、ということだ。

低いチャクラだけでセックスをするなら、それは根のチャクラだけを働かせることであり、経験の最も栄光に満ちた部分を獲得しそこなう。だが、あなたの総体である7つのチャクラすべてを働かせて愛し合うなら、絶頂の経験をすることができる。それが、聖らかでないはずがあるだろうか?

質問者:ごもっともです。わたしも、そんな経験が聖らかでないとは想像できません。

それに、あなたの物質的身体のなかで、生命エネルギーを最高のチャクラまで引き上げなさいという勧めは、それを一番下のチャクラと切り離した方がいいという勧めでも、命令でもない。

エネルギーをハートのチャクラ、あるいは頭(王冠)のチャクラまで引き上げても、根のチャクラのエネルギーがなくなるのではない。それどころか、もし根のチャクラにエネルギーがなければ、ばらばらになる。

生命のエネルギーを高い中心に引き上げたときには、他者との性的経験を選んでもいいし、選ばなくてもいい。選ばないとしても、聖なる宇宙の法に反するからではない。その方がより「高度」だからでもない。他者との性を選んだとしても、それで根のチャクラのレベルに「落ちる」わけではない。

あなたのエネルギー、生命力をそのときに可能な最高のレベルに上げなさい。そうすれば、あなたも引き上げられる。これは、セックスをするかしないかとは全く関係がない。何をしようとも、意識を引き上げる、それが大事なのだ。

質問者:わかりました!理解できましたよ。だが、どうすれば意識を引き上げられるかがわかりません。どうすれば、チャクラを通って生命エネルギーを引き上げられるか、わからないのです。だいたい、ほとんどのひとは、そういうセンターがあることも知らないのではありませんか。

「霊性の物理学」についてももっと知りたければ、勉強するのは簡単だよ。そういう情報は以前に、非常にはっきりしたかたちで与えてある。ディーパック・チョプラの本を読んでごらん。彼は、いまの地球ではもっともわかりやすく説明しているひとりだ。彼は霊性の謎も、科学も理解している。

他にもすばらしいメッセンジャーはいるよ。身体のなかで生命力を引き上げる方法だけでなく、物質的に身体からはなれる方法を書いた本まである。

そういう本を読めば、身体から離れることがどんなに楽しいか、思い出せる。そうしたら、死を恐れないということも、理解できるだろう。二分法が理解できるようになる。身体とともにいる喜び、そして身体から離れる喜びがわかるよ。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る



【ディーパック・チョプラ著書集】

ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫 E- 43)ゆだねるということ (上) (サンマーク文庫 E- 43)
(2007/10/18)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


ゆだねるということ (下) (サンマーク文庫 E- 44)ゆだねるということ (下) (サンマーク文庫 E- 44)
(2007/10/18)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


富と宇宙と心の法則富と宇宙と心の法則
(2007/01)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


富と成功をもたらす7つの法則―願望が自然に叶う実践ガイド富と成功をもたらす7つの法則―願望が自然に叶う実践ガイド
(2007/09)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


あなたが「宇宙のパワー」を手に入れる瞬間―永遠に続く幸せの源泉あなたが「宇宙のパワー」を手に入れる瞬間―永遠に続く幸せの源泉
(2007/04)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


迷ったときは運命を信じなさい―すべての願望は自然に叶う迷ったときは運命を信じなさい―すべての願望は自然に叶う
(2004/10)
ディーパック チョプラ

商品詳細を見る


スピリチュアル・ヨーガ―からだの中から美しくなる7つの法則スピリチュアル・ヨーガ―からだの中から美しくなる7つの法則
(2006/09)
ディーパック チョプラ、デイヴィッド サイモン 他

商品詳細を見る


ライフ・アフター・デス―死後の世界と魂の奇跡ライフ・アフター・デス―死後の世界と魂の奇跡
(2008/02)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


ブッダブッダ
(2008/03)
ディーパック・チョプラ

商品詳細を見る


バーバの教え―すべてをつなぐ魂と宇宙の法則バーバの教え―すべてをつなぐ魂と宇宙の法則
(2006/02)
ディーパック チョプラ

商品詳細を見る

【2008/04/27 21:00】 | SEX
生物学的な指令は、もっと生命を生み出せということではなく、もっと生命を経験せよということだ。そして、生命の真のあり方、つまり「ひとつであるもの」として経験せよということだ
質問者:だが、性的禁欲に反対する理由が、生殖を妨げるということなら、その目的をとげたらセックスはもう必要ないということになりませんか?

ひとは生殖に対するする責任を果たすためにセックスをするのではない。それが自然なことだからするのだ。遺伝子に組み込まれているからする。生物学的な指令に従っているのだ。

質問者:確かに!種の存続のための行為に駆り立てるのは、遺伝子のシグナルですね。だが、種の存続が確保されたら、「そのシグナルを無視する」のが「高度な」あり方じゃないんですか?

あなたは、シグナルを誤解している。生物学的な指令は、種の存続を保証せよということではなくて、あなたという存在の真の性質である「ひとつであるもの」を経験せよ、ということだ。「一体」が成就された結果、新しい生命が創られるのであって、それが「一体化」を求める理由ではない。生殖だけが性的表現の理由で、セックスは「出産システム」にすぎないのなら、もう必要はないだろう。試験管のなかで生命の科学的要素を合体させることもできる。

だが、それでは魂の最も基本的な衝動が満たされない。基本的な衝動は生殖よりももっと大きなもの、本当の自分を再創造することに関係しているからだ。


生物学的な指令は、もっと生命を生み出せということではなく、もっと生命を経験せよということだ。そして、生命の真のあり方、つまり「ひとつであるもの」として経験せよということだ。

質問者:だから、子どもをつくるのはとっくにやめていても、セックスをするなといはおっしゃらないわけですね。

当然だね。

質問者:だが、子どもをつくらないなら、セックスもやめるべきだ、と言うひともいますよ。それでもなお続けるカップルは、基本的な肉体の欲求に負けているんだ、って。しかも、セックスは「高度」なことではなくて、動物的なふるまい、人類の高貴な性質にもとる行動だとも言います。

そこで、またチャクラ、エネルギーの中心の問題に戻るな。さっき、「物質的な存在のなかで、生命エネルギーを高く引き上げれば引き上げるほど、意識も高度になる」と言ったね。

質問者:ええ!それは、「ノー・セックス」というように聞こえます。

違う、そうではないよ。ちゃんと理解すれば、そうは思わないだろう。

さっきのあなたの言葉に戻って、はっきりさせようか。

セックスは決して卑しいことでも、汚れたことでもない。その考え方は、あなたがたの文化によって刷り込まれたもの、外から押し付けられたものだ。

欲求を満たす情熱的な性経験があさましいとか、粗野だとか、「尊厳にもとる(聖らかでない)」ということは、全くない。身体的衝動は「動物的なふるまい」ではない。身体的衝動は、システムに組み込まれている。わたしが組み込んだのだ。そんなふうに創ったのは誰だと思う?


しかし、身体的な衝動は、複雑な対応が交じり合った関係のひとつの要素にすぎない。あなたがたは3つの部分のすべてで、7つの中心のすべてで同時に相手に応じるとき、探し求めている最高の経験ができる。その最高の経験、それが、あなたがたが創造された目標だ!

こうしたエネルギーのどれも、聖らかでない(unholy)ものはない。しかし、そのひとつだけを選び出せば、それは全体ではない(un-whole-y)。全体ではないと、あなたは自分以下の存在になる。それが、聖らかでない(unholy)とう言葉の意味だよ。

質問者:そうか!なるほど。わかりました。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/26 21:00】 | SEX
性的禁欲
質問者:「進化した」というのは、どういうことなんでしょうか?何を意味しているのですか?

あなたという存在は、ミクロの宇宙(コスモ)のなかの万有(ユニバース)だ。あなたとあなたの物質的な身体は、7つの中心に凝集している生のエネルギーでできている。チャクラについて勉強してごらん。チャクラについて書いた本は何百冊もある。あれは、わたしが以前に人類に与えた智恵なのだ。低いチャクラを楽しませ、刺激するものと、高いチャクラにとっての喜びとは別だ。物質的な存在のなかで、生命エネルギーを高く引き上げれば引き上げるほど、意識も高度になる。

質問者:すると、蒸し返すようですが、独身主義の勧めのように聞こえますね。性的な情熱を表現するのはいけない、というようように思えます。意識が「高度に進化した」ひとたちは、ひととの交わりにおいて、根のチャクラ、つまり最も低い第一のチャクラを「働かせ」ないんでしょう。でも、あなたは人間のセクシュアリティは祝われるべきで、抑圧されるべきものではないとおっしゃった。

そのとおり。

質問者:すると、わからからなくなります。だって、矛盾していませんか。

世界は矛盾に満ちているのだよ、息子よ。矛盾がないことが、真実の必要条件ではない。ときには、矛盾のなかにより大きな真実がある。それがつまり、神聖なる二分法だ。

質問者:それでは、その二分法について教えてください。なにしろ、わたしはこれまでずっと、根のチャクラから「クンダリーニ(生命力)のエネルギーを引き上げる」ことが望ましい、エクスタシーなしに暮らす神秘主義者の人生を正当化する主な理由が、それでした。死というテーマからはずれますね。話をそらして申し訳ないと思うんですが・・・。

何を申し訳ながっているのかな?この対話の「テーマ」は、人間らしい人間とは何か、この宇宙での生命とは何か、だろう。それが唯一のテーマなのだから、この話ももちろん無関係ではない。

死について知りたいというのは、生について知りたいということだ。わたしたちの話が発展して、生命を生み出し、これを荘厳にことほぐ行為そのものに及ぶなら、それはそれでいい。

さて、ひとつはっきりさせておこうか。「高度に進化」したからって、必ずしも性的な表現がすべて沈黙させられ、すべての性的なエネルギーが引き上げられるわけではない。そうだとしたら、「高度に進化した」存在はいなくなってしまう。すべての発達進化が途絶えてしまうからね。


質問者:それは、わかりきったことですが。

そうだ。だから、聖らかなひとたちはセックスをしないとか、それが聖性の証だと言うひとがいたら、それは、生命の働きを理解していない。

わかりやすく説明しよう。人類にとって良いことか悪いことかを知る物差しが欲しいのなら、単純な質問をしてみるといい。誰もがそれをするようになったら、どうなるか?これは、とても簡単な、非常に正確な物差しだ。

誰もがそれをして、その結果が人類にとって究極的な恵みをもたらすなら、それは「高度に進化した」ことだ。誰もがそれをしたら人類に災厄がもたらされるなら、それはあまり「高度な」ことではないから、推奨しかねる。そう考えれば、真の<マスター>は、独身主義が<マスター>への道だとは言わない、ということもわかるだろう。

性的禁欲が「高度な道」で、性的表現は「低次の欲求」だという考えが、性的な経験を辱め、性にまつわる罪悪感や機能不全の原因になっている。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/25 21:00】 | SEX
悟りは、「ありのまま」を批判せずに受け入れることから始まる。
質問者:ちょっと待ってください!それは、価値判断みたいに聞こえますよ。あなたは、神は、価値判断をしないんじゃなかったんですか?

エヴェレストはマッキンリーよりも高いというのは、価値判断かね?サラ伯母さんは甥のトミーよりも年上だというのは、価値判断かな?これは価値判断だろうか、それとも観察だろうか?

わたしは高次の意識の方が「良い」とは言わなかった。実際良いわけでもない。4年生の方が1年生よりも良いわけではないのと同じだ。わたしはただ、4年生とは何かを観察しているだけだよ。

質問者:で、地球のわたしたちは4年生じゃないんですね。1年生なんだ。そうでしょう?

わが子よ、あなたがたはまだ幼稚園の年長組みにもなっていない。まだ、年少組だよ。

質問者:そう言われると、ムッとするのはどうしてなんでしょうか?人類が見下されたように感じるのはなぜなんでしょうね?

それは、あなたのエゴが自分ではないもの、自分ではない存在にどっぷりと浸かっているからだよ。殆どのひとは、観察したままを言われるとムッとする。自分がもっていたくはないものを観察された場合にはね。

しかし、何かをしっかりともつまでは、それを手放すことはできない。何かを捨てるには、まず所有しなければならないのだよ。


質問者:受け入れないものは、変えることはできない。

そのとおり。

悟りは、「ありのまま」を批判せずに受け入れることから始まる。それが、「ありのままの存在」を引き受けるということだ。ありのままの存在、そこに自由が見出されるだろう。

抵抗すれば、相手はますます強くなる。見つめれば、相手は消える。幻のかたちを保てなくなるからだ。あなたはありのままを見る。「ありのまま」は常に変化しうる。変わらないのは、「存在しないもの」だけだ。だから、ありのままを変えたければ、それを引き受けなさい。抵抗してはいけない。否定してはいけない。否定するのは、宣言することだ。宣言するとは、創造することだ。

あることを否定するのは、相手を再創造することだ。相手をそこに据えつけることになるからだ。受け入れれば、あなたは相手をコントロールする立場になる。否定したものは、コントロールできない。だから、あなたは否定した相手にコントロールされる。

あなたがた人類の大半は、まだ幼稚園の年長組みでさえないということを受け入れたがらない。人類がまだ幼稚園生だと、受け入れたがらない。受け入れないから、いつまでもそこにいなくてはならない。

あなたがたは、自分は(高度に進化して)いないということにどっぷりと浸かっているから、本当の(進化していく)自分になれない。だから、自分で自分に逆らい、自分と闘っているのだよ。そのために、進化が遅々としている。もっと迅速に進化する道は、ないものではなく、あるものを認めることから始まる。

質問者:そして、ひとから聞かされてもムッとしなくなれば、「ありのまま」を受け入れたということですね。

そのとおりだ。あなたの瞳は青いと言ったら、ムッとするかな?

社会が高度になればなるほど、喜びも高度になる。あなたが何を「喜び」と考えるかで、進化のレベルがわかる。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/24 21:00】 | 自我
原始的な楽しみ
質問者:それじゃ、神は自殺したひとを罰したりしないんですか?

わたしは罰したりしない。愛するのだ。

質問者:よく言うじゃありませんか。苦しみから「逃れ」ようと、あるいは辛い状況に終止符をうとうとして自殺したひとは、「あの世」で同じ苦しみ、同じ状況にぶつかるだけで、逃れたことにも、終止符を打ったことにもならない、って。

「あの世」で経験することは、そこに入るときの意識の反映だ。あなたがたは常に自由意志をもった存在であり、選びなおせばいつでも経験を変えることができる。

質問者:それじゃ、愛するものが物質的な生命を終わらせたからといって心配しなくていい、彼らはオーケーなんだってことですか?

そう。大丈夫。彼らはオーケーだよ。

あなたがたの社会では、自分たちの倫理的構造の矛盾がわかっていないことが多い。ゆるやかに寿命を諦めるのは良いが、即効性のある方法はとんでもない、というのは矛盾だよ。

質問者:確かに、明々白々という感じがします。どうして自分でわからなかったんでしょうね?

真実を知ったら、何かしなければならなくなるからだ。それは、嫌なんだよ。だから、見てみぬふりをするしかないのさ。

質問者:でも、真実を知って何とかするのが、どうして嫌なんですか?

何とかするためには、自分の楽しみを諦めねばならない。楽しみは諦めたくないんだよ。

緩慢な死の原因の大半は、楽しいことか、楽しいことの結果だ。そして、楽しいことの大半は、身体を満足させることだ。それは、あなたがたの社会が原始的だというしるしだよ。

あなたがたの生命は、だいたい身体的な楽しみを求め、経験することを中心に成り立っている。

もちろん、どんな存在でも、楽しみを経験したいと思う。そのこと自体は、原始的でもなんでもない。いろいろな社会の違いは、何を楽しみと考えるかということだ。

ピューリタンの言うことが正しいのではないし、身体的な楽しみのすべては否定されるべきだというのでもない。ただ、もっと高次の魂の楽しみを中心にでき社会では、身体の物質的な楽しみが殆どを占めてはいない。もっと高次の社会や存在は、楽しみももっと高次なのだ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/23 21:00】 |
迅速に自分を殺す自殺、ゆっくり自分を殺す自殺
質問者:ところで、気にかかっていることがあるんですが、話していただけますか?自殺についてなんです。どうして、自分の生命を終わらせることにはタブーがつきまとうんでしょうか?

本当だね。どうしてだろう?

質問者:それじゃ、自殺は悪いことじゃないんですか?

あなたを満足させるような答えはできないな。なぜなら、問い自体に間違った概念が2つ、含まれているからだ。2つの間違った全体のもとに、2つの誤りがあるからだよ。

第一の間違いは、「正邪」があるという考えだ。第二の間違いは、殺害が可能だということだ。だから、あなたの質問は、ばらばらになってしまう。

「正邪」というのは、人間の価値システムの哲学的両極であって、究極の真実とは何の関係もない。しかも、あなたがたは、自分にあうように価値観を変化させる(進化していく存在として、それは当然のことだ)。


それなのに、その段階の一歩一歩で、変化なんかさせていない、自分たちの社会が信頼できるのは、中核に変化しない価値観があるからだと主張する。だから、あなたがたの社会では、パラドックスの上に築かれているわけだ。

価値観は常に変化しているのに、変化しない価値観、そこにこそ―価値があると主張しているのだから!

このパラドックスが引き起こす問題への答えは、砂に水をかけてコンクリートをつくろうとするのではなく、砂の変化をたたえよ、ということだ。砂の城があるうちはその美しさをたたえ、潮が寄せてきて新しいかたちができたら、今度はそれをたたえればいい。

あなたがてっぺんに登れるような新しい砂の山ができたら、砂の変化をたたえ、新しいお城をつくりなさい。だが、その山も城も永続するものではなく、変化の記念碑であることを覚えていなさい。

現在のあなたの栄光たたえなさい。だが、昨日のあなたを非難しないこと。明日のあなたを排除しないこと。

「オーケー」か「オーケーじゃない」かは、一番最初の好みや想像の表現に過ぎない。

例えば自殺についても、地球上の人びとの大半はいま、自殺は「オーケーじゃない」と想像している。同じく多くのひとは、自殺を助けることも「オーケーじゃない」とまだ主張している。

どちらの場合も、「法律に反する」と言われる。そんな結論になったのは、たぶん、生命の終わりが比較的に早いからだろう。もっと長期的に生命を終わらせる行動は、結果は同じでも違法ではない。

だから、誰かが銃で自殺すれば、家族には保険金が支払われない。だが、タバコで死ねば、保険金が支払われる。医師が自殺を幇助すれば殺人だといわれるが、タバコ会社なら商売ですむ。

あなたがたの場合は、単に時間の問題らしいね。自己破壊が「正しいか、正しくないか」は、その行為が誰がしたか、そしてどれほど早く完了したかによってきますらしい。死が早ければ早いほど、「正しくない」度合いも増すのだね。死がゆっくりであれば、「オーケー」の方へ近づく。

ところが、何が本当に人道的かということになると、社会は正反対の結論を出す。

「人道的」という言葉の定義からすれば、死は短いほど良いはずだ。ところが、人道的な苦しみを神が求めていると考えるのも、また、苦しみを迅速に人道的に終わらせるのは「正しくない」と考えるのも、狂気の沙汰だ。

「人道的な行為を罰し、狂気に褒賞を与えよ」。こんなモットーは、理解に限界がある者の社会でしか考えつかないね。

だから、あなたがたは発癌物質を吸入して自分のシステムを毒し、化学物質で処理された食物を口にしてシステムを毒してシステムを毒し、呼吸する大気を汚染し続けてシステムを毒している。

何千もの異なる瞬間に何百もの異なる方法で自分のシステムを毒し、しかも、そういう物質が身体に良くないと承知している。長い時間がかかるから、この自殺は罰せられない。もっと即効性のある毒だったら、倫理と法に反すると言われる。

いいかね。迅速に自分を殺すことが、ゆっくりと自分を殺すよりも倫理に反するわけではないよ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/22 21:00】 | 自我
ダルマ(法)
どの瞬間も始まった途端に終わる。それがわからないと、その瞬間のどこがこのうえなく大切なのかわからず、平凡なひとときにしか思えないだろう。

どんな交流も、「はじまりが始まった」瞬間に「終わりが始まる」。そのことをよく考え、深く理解してはじめて、すべての瞬間の、そして人生そのものの貴重さが充分にわかるだろう。

死を理解しなければ、生命は与えられない。理解するだけではいけない。生を愛するように、死を愛する必要がある。

これが最後だと思えば、誰かと一緒のひと時が輝くだろう。どの瞬間も、経験するのはこれが最後だと思えば、計り知れないほど重いものになるだろう。死から目をそむけているから、自分自身の生命を考えなくなるのだよ。

何かを深く見つめれば、相手を見抜くことになる。何かを深く考えれば、それを見抜くことになる。そうすれば、幻想は消え、真の姿が見えてくる。そのときはじめて、本当に楽しむことができる。そこに喜びを加えることができる(楽しむ、とは、相手に喜びを加える:en-joyということだ)。

そうすれば、幻想さえ楽しめる。幻想だとわかれば、それも楽しみの半分になる!本物だと考えるから苦しみが生じる。

死もまた幻想だとわかれば、「死よ、汝の針はいずこにある?」と言える。それどころか、死を楽しむことだってできるよ!誰かの死を楽しむことさえできる。

死は決して終わりではなく、常にはじまりだ。死は閉じられたドアではなく、開かれたドアだ。生命が永遠であることを理解すれば、死は幻想で、その幻想があなたの意識を身体に集中させ、身体が自分だと信じさせていることがわかる。だが、あなたは身体ではない。だから、身体が朽ち果てても、あなたとは何の関わりもない。

死は、真の生命とは何かを教えている。生命は、避けられないのは死ではなく、移ろいゆくことだと教えている。移ろいゆく、それだけが真実だ。不変なものは何もない。すべては変わる。一瞬一瞬に、一時一時に。

これがダルマ(法)であり、ブッダだ。これが、ブッダの法(ダルマ)だ。これが教えであり、師だ。これが教訓であり<マスター>だ。すべてはひとつしかない。それをほぐしたのはあなただ。あなたの生が展開するようにと、ほぐしたのだ。

花が散るのを見て、あなたは悲しむだろう。だが、花は樹全体の一部で、変化してまもなく果実をつけるのだとわかれば、花の真の美しさが見える。花が開いて落ちるのは、樹が果実をつける準備だとわかれば、生命が理解できる。そこを注意深く見つめれば、生命とはそれ自身のメタファーであることがわかるだろう。

あなたは花ではなく、果実さえない。あなたは樹だ。あなたは、わたしのなかに深く根を張っている。わたしはあなたが芽生える土であり、あなたの花も果実もわたしに還って、わたしはさらに肥沃な土になる。こうして、生命は生命を生み、決して死を知ることはない。

質問者:美しいですね。本当に美しい。ありがとうございます。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/21 21:00】 | 人生
どんな魂でも、意思に反した経験が訪れることはない
質問者:生命というのは、永遠にいつまでも続くんですね、そうなんでしょう?

もちろん、そうだよ。終わりはない。

質問者:輪廻転生は事実なんだ。

そうだ。望めばいつでも、死すべきかたちに戻れるよ。「死ぬ」ことができる物質的なかたちに。「戻るかどうか」、「いつ戻るか」、それは自分で決める。

質問者:いつ去るかも決めるんですか?いつ死ぬかを自分で選ぶんですか?

どんな魂でも、意思に反した経験が訪れることはない。そもそも不可能なのだ。魂がすべての経験を創造しているのだから。魂にかけているの物は何もない。すべてをもっている。すべての智恵、すべての知識、すべての力、すべての栄光。魂は、あなたのなかで決して眠らず、決して忘れない部分だ。

魂は、身体が死ぬことを望むか?いや。魂はあなたが決して死なないことを願っている。だが、身体を離れることはなる。身体のかたちを変えて、物質的な身体のほとんどを残していく。そのかたちにとどまる目的はもうないと悟った瞬間に。


質問者:わたしたちが決して死なないことを魂が願っているとしたら、なぜ、わたしたちは死ぬんですか?

死にはしない。かたちを変えるだけだ。

質問者:そうならないようにと魂が願っているなら、どうして、そうなるんですか?

魂はそんなことを願っていない!あなたは「移ろいゆくかたち」だ!

特定のかたちにとどまっても、もう何の役にも立たなくなったとき、魂はかたちを変える。自分の意思で、喜んでかたちを変え、宇宙の車輪の上を進む。大きな喜びを感じながら。

質問者:悲しみつつ死ぬ魂はないんですか?

魂は死なないよ、決して。

質問者:いや、そうではなくて、現在の物質的なかたちの変化、つまり「死」を悲しむ魂はないんですか?

身体も決して「死なない」。魂とともにかたちを変えるだけだ。だが、あなたが言いたいことはわかる。だから、あなたがたの言葉を使って説明しようか。

「あの世」で自分が何を創造したいか、はっきりわかっていれば、あるいは死後は神のもとに戻り、一体となるというはっきりした信念をもっていれば、魂は決して「死」を悲しんだりしない。その場合の死は、輝かしい瞬間、すばらしい経験だ。魂は自然なかたち、本来のかたちに戻る。信じられないほど軽くなる。全体的な自由、融通無碍だ。「ひとつであるもの」の認識、それは至福だ。その変化を魂が悲しむことはありえない。

質問者:それでは、死は幸せな経験だとおっしゃるんですか?

そうありたいと思う魂にとっては、常に幸せな経験だよ。

質問者:魂がそんなに身体から離れたいのなら、なぜ、さっさと離れてしまわないんですか?一緒にいるのが不幸なら、どうして、もたもたしているんでしょう?

魂が「身体から離れたがっている」とは言わなかったよ。離れるときは、喜んで離れるといったのだ。それとこれとは、別のことだ。何かをしていて幸せで、それから別のことをしてまた幸せだ、というのはありうるだろう。2つめのことが楽しいからって、最初のことが不幸なわけではない。

身体とともにいる魂は不幸ではないよ。それどころか、現在のかたちのあなたといること身体とともにいる魂は不幸ではないよ。それどころか、現在のかたちのあなたといることを、楽しんでいる。しかし、そこから離れることもまた楽しいということは、充分にありうる。


質問者:死について、わたしが理解してないことがたくさんあるようですね。

そう。だから、考えたくないんだよ。しかし、人生のどんなときでも、その瞬間を意識した途端に、死と喪失について考えずにはいられないはずだ。そうでなければ、全く人生がわかっていないことになる。半分を知っているにすぎない。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/20 21:00】 | 人生
わたしたちはすべて一体、ひとつだ
質問者:わかりました。でも、まだこんがらがっていることが、ひとつだけあるんです。時間などというものはないとおっしゃいましたよね。すべてはいま、ここで起こっていると。そうなんですか?

そうだよ。

質問者:それに、わたしたちは宇宙の時空のつながりのなかで、「すべての時に」。異なるレベルで、あるいは様々なポイントで存在するともおっしゃった。

そう、そのとおり。

すると、わからなくなるんですよ。宇宙の時空のつながりのなかで、「わたし」のひとつが「死に」、そして別の人間として戻ったとしたら・・・すると・・・どれがわたしなんですか?いっぺんに2人の人間として存在することになりますよね。それを永遠に繰り返したとすれば(だって、そうおっしゃるんでしょう)、わたしはいっぺんに何百人もの人間になってしまう!宇宙の時空のつながりの、何百万ものポイントに何百人ものわあたしの何百万ものヴァージョンがいることになりますよ。

そうだね。

質問者:理解できませんよ。そんなこと、とても理解できない。

いや、もうあなたはよく理解している。非常に進んだ概念なのに、あなたはよくついてきているよ。

質問者:しかし・・・それが事実だとしたら、不死である「わたし」の一部は、いまという永遠のなかで、宇宙の車輪の何十億ものポイントに何十億もの違ったかたちで何十億もの方法で進化していることになる。

それも、そのとおり。それが、わたしのしていることだよ。

質問者:いやいや、わたしが言っているのは、わたしのことなんです。わたしが言うのは・・・。

あなたの言いたいことはわかっている。あなたは、わたしが言ったとおりのことを言ったのだ。混乱するのは、まだ、わたしたちがひとりではなく複数だと思っているからだよ。

質問者:え、違うんですか?

ここには、わたしたちはひとりしかいない。これまでも、ひとりしかいたことがない。そこに、気づいたんじゃなかったのかな?

質問者:それじゃ、わたしは自分に向かって話しているとおっしゃるんですか?それでは、あなたは神ではないと?

そうは言ってないよ。

質問者:それじゃ、あなたは神なんですか?

そうだね。

質問者:でも、あなたが神で、あなたがわたしなら、わたしは神・・・わたしは・・・神じゃないですか!

汝は神なり。そうだよ、そのとおり。ようやく、ばっちり理解できたじゃないか。

質問者:しかも、わたしは神であるだけじゃあい・・・すべての者だということになる。しかし・・・それじゃ、わたし以外は誰も、何も存在しないってことですか?

わたしと父とは一体であると言わなかったかな?わたしたちはみな一体であると?

質問者:ええ。でも・・・。文字通りの意味でおっしゃったのだとは思いませんでしたよ。もののたとえだと思いました。哲学的な話で、事実ではないと思ってました。

事実だよ。わたしたちはすべて一体、ひとつだ。それが、「わたしの兄弟の最も小さなひとりに対してしたのは―わたしに対してしたのである」ということの意味だ。

これで、わかったかな?

質問者:はい。

ようやく、わかったか。ようやく、やっとわかったか。

質問者:しかし、お言葉を返すようですが・・・。誰かと一緒にいるとき、例えば妻や子どもたちといるとき、わたしと彼らは別人だと感じます。彼らは「わたし」じゃないと思うんですが。

意識とはすばらしいものだ。何千にも何百万にも、分割することができる。わたしは、無限の「欠片」に自分を分割した。それぞれの「欠片」が自分を振り返り、自分は何者かと考えられるように。

質問者:しかし、なぜ、わたしはこの忘却の期間、不信の期間を通らなくてはいけないんでしょうか?だって、まだ完全には信じられないんですよ!まだ、忘却のなかをうろうろしているんだ。

そう、自分に厳しくなくていい。それもプロセスの一環だから。それでいいのだよ。

質問者:それでは、どうしていま、教えてくださるんですか?

それは、あなたが楽しめなくなってきているからだ。人生がもう楽しいみではなくなり始めているからだ。あなたは、プロセスに足を取られ、それがプロセスに過ぎないことを忘れかけている。

だから、あなたはわたしを呼んだ。来てくれと頼んだ。理解を助けてくれ、偉大な秘密を明かしてくれと求めた。あなたが自分に隠し続けている、本当のあなたは何者かという真実を。

だから明かしてあげたのだよ。これで、あなたは再び思い出した。それが意味をもつだろうか?あなたの明日の行動を変えるだろうか?

傷ついた者を癒し、不安におののく者をなだめ、貧しいもののニーズを満たし、成就した者のすばらしさを祝い、あらゆるところにわたしのヴィジョンを見るだろうか?

いま、真実を思い出したことで、あなたの人生は変わるだろうか?他の者の人生を変えてやれるだろうか?それとも、また忘却に戻るかな?身勝手に陥り、この目覚めの前に考えていたちっぽけな自分に再び戻って、そこにとどまるだろうか?どっちになるだろうね?



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/19 21:00】 |
魂の最大の望みは、自分自身のさらに高い側面を経験することだ
質問者:どんな物質的なかたちでもいいんですか?それじゃ、動物に戻る魂もありうるわけですね。メウシが神かもしれないんですね?つまり、聖なるメウシですか?聖なるメウシか!

(えへん)

質問者:すみません。

どうも、あなたは一生、お笑いを演じてきたようだな。その点ではなかなかいい線をいっているよ。

質問者:まいったな。一本、とられましたね。シンバルでもあったら、ジャーンと打ち鳴らすところだな。

ありがとう。さて、真面目な話だがね、ご同輩・・・。

あなたの基本的な質問、つまり魂は動物そして戻れるかという問いの答えは、もちろんイエスだ。だが、実際問題として戻るだろうか?たぶん、それはないだろうな。

質問者:動物には魂があるんですか?

動物の目を見つめたことがあれば、わかるはずだ。

質問者:それじゃ、うちのネコがおばあちゃんの生まれ変わりではないと、どうしたらわかるんですか?

わたしたちが話しているプロセスは進化だよ。自己の創造であり、進化だ。進化は一方向に進む。上へ。とにかく上へ。

魂の最大の望みは、自分自身のさらに高い側面を経験することだ。だから、ニルヴァーナと呼ばれる場所、存在のすべてとの全的な一体化を経験するまで、決して下には向かわず、常に進化の過程の上へ向かう。存在のすべて、つまりわたしと一体化するまで。

質問者:でも、魂がもっともっと高い自分を経験したいと願っているなら、どうして、わざわざ人間に戻ったりするんですか?それじゃ、「上へ」向かうことにはならないんじゃありませんか。

魂が人間のかたちに戻るとしたら、それは、さらに進化するためだよ。人間という存在の進化レベルは、実に様々だ。ある者は何度も何百回も人生をやり直しながら、上に向かって進化していく。だが、魂の最大の望みである上昇は、低位の生命のかたちに戻ったのでは達成できない。だから、そこへ戻ることはありえない。魂がついに存在のすべてと再開し、ひとつになるまでは。

質問者:それじゃ、毎日、システムに「新しい魂」が参加して、低位の生命のかたちをとるんですね。

いや。すべての魂は、いっぺんに創られている。すべてがいま、ここにある。

魂はまた、特定のレベル、特定の生命のかたちで「リサイクル」することもできる。もし、輪廻転生がなく、物質的なかたちに戻れなければ、魂は成し遂げたいと思うすべてを一生で成し遂げなければならない。一生とは、宇宙の時計で測れば、一瞬のそのまた10億分の1よりも短いのだよ。だから、もちろん輪廻転生はある。それが真実であり、目的にかなっており、完璧なのだ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/18 21:00】 | 人生
パラマハンサ・ヨガナンダとベイブ・ルース
さて・・・あなたがたの人生の要、目的は、本当の自分とは何かを決定し、本当の自分になることだ。それを、毎日実行する。それが、あなたがたの営みだ。経験する本当の自分に喜びを感じていれば、あなたがたはその創造にこだわり、少しずつ修正しながら、完成に近づいていく。

パラマハンサ・ヨガナンダは、自分が考える真の自分の「完成」に極めて近づいた人物だ。彼は自分自身について、またわたしとの関係について、明確な考えをもっており、生涯をかけて、それを「外観に向かって表現」した。彼は自分の現実のなかで自分自身を経験し、自分自身を知ろうとした。

ベイブ・ルースも同じだよ。彼も、自分自身について、またわたしとの関係について、明確な考えをもっていて、生涯をかけて、それを外界に向かって表現した。このレベルの生き方をしているひとは、そう多くはいない。確かに、ヨガナンダのような<マスター>とベイブ・ルースでは、自分自身についての考え方は全く違うが、それでも、2人はそれを外界に向かって見事に表現して見せた。

2人はまた、わたしについての考えも全く違っていた。それは確かだ。わたしが何者かについても、わたしとの真の関係についても、意識レベルが全く違っていた。ひとりは生涯の殆どを平和で穏やかな場所で過ごし、ひとにも深い平和と穏やかさをもたらした。

もうひとりは心配したり、動揺したり、しょっちゅう腹を立てたりした(特に、思い通りにならないときは怒った)し、周囲のひとたちの人生を動揺させた。

だが、どちらも善良な心の持ち主だった。ベイブ・ルースほどやわらかな心の持ち主はなかったよ。両者の違いは、ひとりは肉体的には文字通りゼロであり、また自分がもっている以上のものは望まなかったのに対し、もうひとりは「すべてをもって」いたのに、本当にほしいものはついに手に入れられなかったことだ。

ベイブ・ルースことジョージ・ハーマンの生涯がそれで終わりなら、悲しむべきことだろうが、しかしベイブ・ルースの身体に宿っていた魂は、進化と呼ばれるプロセスを終わったわけではない。自分のために創り出した経験や、他人にさせた経験について見直し、もっともっと大きなヴァージョンの自分を創り出していくために、今度はどんな経験をするか決めているのだよ。

この2つの魂の話は終わりにしよう。事実、2人は次の経験をしている最中だからね。

質問者:というと、2人は別の身体に転生したっていうことですか?

転生、つまり別の物質的な身体に戻ることだけが選択肢だと考えたら、間違いだろうね。

質問者:他の選択肢と言いますと?

実は、彼らは何でも好きなものになれる。「死」と呼ばれる出来事の後に何が起こるか、もう説明したね。もっといろいろと知りたいと思う魂もある。そんな魂は、他の魂が(「古い魂」と言ってもいい)教える「学校」へ行く。そこで、何を教わるか?教わるべきことは何もない、ということを教わるのだよ。何も教わる必要はない。ただ、本当の自分とは何者かを思い出せばいい。

彼らは、本当の自分を経験するには行動化し、自分になればいいと優しく示されて、思い出す。


他の魂はすでに、(あるいは「あの世」に到達してまもなく)このことを思い出している(わかりやすいように、できるだけあなたの慣れている言葉で、話しているのだよ)。そのような魂は、なりたい「存在」になる喜びをすぐに経験したいと思う。彼らは、数百万、数千万ものわたしの側面のどれかを選んで、その場でそれを経験する。その経験のために物質的なかたちに戻ることもある。




★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/17 21:00】 |
お詫び
今月のブログ投稿の中でシステム上のミスにより、一部アップがされていない日にちが数日ありました。

ご迷惑をおかけいたしましたことを、お詫び申し上げます。

アップされていなかった日にちのものもアップ完了しておりますので、是非ご覧ください。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/16 23:59】 | ブログ管理者のコメント
永遠の旅
質問者:教会が、輪廻転生を偽りだと宣言したのも当然ですね。

そうだよ。だが、あなたがたを創造したとき、わたしは、一度の生涯しか送れないようには創らなかった。そんなのは、宇宙の年齢に比べれば無限に小さな時間でしかない。

その僅かな間に、必ず犯す間違いを犯し、それから最善を望むには短すぎる。そうしてみようかと考えないでもなかったが、それでは、自分の目的がどこにあるのかわからなくなる。

あなたがただってわかっていない。だから、「神の働きは謎だ。神の驚異は成就される」と言う。だが、わたしは謎の働きはしていない。わたしのすることにはすべて理由があり、その理由は極めてはっきりしている。

輪廻転生はわたしの目的にぴったりだ。あなたがたの度重なる生涯を通して、さらにわたしが宇宙に置いた何百万もの被造物を通して、本当の自分を創造し、経験すると言う目的に。


質問者:それじゃ、別のところにも生命がある・・・。

もちろん、あるとも、この巨大な宇宙にいるのがあなたがただけだと、本当に思うか?しかし、その話はいずれする。そう約束しよう。そこで、あなたがたの魂の目的とは、存在するすべてとしての自分を経験することだ。わたしたちは進歩する。わたしたちは・・・なりゆく者だ。

何になるのか?それはわからない!到着するまでは、わかりはなし!だが、わたしたちにとって、この旅は喜びだ。そして「そこに到達」し、真の自分についての高い考えを創造した途端に、さらにもっと多いな思考、もっと高い考えを創り出す。こうして旅は永遠に続く。聞いているかな?

質問者:聞いてますよ。もう、一字一句繰り返せるくらいです。

よろしい。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/16 21:00】 |
とある宗教、信者をつなぎとめるために・・・
質問者:どうしてですか?どうして、教義がそれほど脅かされるんですか?

教会は、善行を積め、さもないと・・・と脅していた。そこへ、輪廻転生をとくものが現れて、「このあとにもチャンスはあるし、さらにそのあとにもチャンスはある。まだまだ、チャンスはあるのだよ。心配しなくていい。ベストを尽くしなさい。恐怖にすくむことはない。今度はもっとがんばろうと決心して、進めばいい」と言った。

当然、初期の教会はそんなことに耳をかすはずがない。だから、2つの行動に出た。告解は教会に輪廻転生の教義は異端だと否定した。それから、告解の秘蹟を編み出した。告解は教会に通うものにとって、輪廻転生と同じことを約束してくれた。つまり、もう一度チャンスをくれたのだよ。

質問者:そこで、告解、つまり懺悔(ざんげ)をしない限り、神の罰を受けるという考え方が出来上がったんですね。懺悔をすれば大丈夫、神が懺悔を聞いて赦してくださる、と。

そう。だが、そこに落とし穴があった。罪の赦しは、直接神から来るのではなかった。教会を通じて与えられた。「罪の償い」にこうしなければならぬと聖職者が言い渡したのだ。普通は、罪人は祈りなさいと言われた。これで、教会員をつなぎとめておく理由が2つできたわけだ。

告解が良い切り札だと気づいた教会は、まもなく告解をしないのは罪だと宣言した。誰でも、少なくとも年に1度は告解をしなければならない。もし、しなければ、神の怒りに触れる理由がまた増える。こうして、教会は次々にルールをこしらえた。殆どは恣意的で気まぐれな規則だが、どれも神の永遠なる断罪の力を盾にしていた。もちろん過ちを懺悔すれば神に赦され、罪はまぬかれた。

ところが、別の問題が生じた。それなら、懺悔すれば何をしてもいいのだろう、と人びとが考えた。教会は困ってしまった。人びとの心から不安と恐れが消えたからだ。ひとは教会に通わなくなり、教会費が激減した。年に1度「告解」をしにやって来て、悔い改めて祈りを捧げ、罪を浄めてもらって、またいつもの暮らしに戻ってしまう。問題は明らかだった。もう一度、人びとの心に不安を恐れを叩き込まなければならない。そこで、煉獄が考え出された。

質問者:煉獄ですか?

煉獄だ。そこは地獄と似ているが、ただし永遠ではない。この新しい教義は、たとえ懺悔しても神はあなたの罪を罰するのだと宣言した。この教義では、神は不完全な魂のそれぞれに、犯した罪の数と種類に応じた苦難を言い渡す。「大罪」と「軽い罪」とがあった。

大罪を犯して、死ぬ前に懺悔しなければ、即座に地獄行きだ。

こうして、また教会に通うひとは増えた。集まる金も増えた。特に献金が増えたね。煉獄の教義には、金を払えば苦しみをまぬかれるという方法も含まれていたからだ。

質問者:はあ・・・?

教会の教えによれば、特別の免罪符をもらうことができる。ただし、これも神から直接ではなく、教会のお偉い方を通してだけ入手できる。この免罪符があれば、犯した罪の「報い」である煉獄の苦しみをまぬかれる。少なくとも、軽減される。

質問者:「態度神妙なるにつき、減刑」というわけですね?

そう。もちろん、減刑してもらえる者はごく僅かだ。大体は、教会に大金を寄付したものだな。本当に膨大な献金をすると、全免償というものをもらえる。煉獄にとどまる必要が全くなくなる。天国への直通切符だ。

この神からの特別の恵みが得られるのは、さらに僅かだ。王族かな。それに、超がつく金持ちだ。この全免償と引き換えに教会の懐に入った金や宝石、土地は膨大なものだった。

だが、こういう特権から諦め出された大衆(mass)には、欲求不満と恨みがつのった。(mass)と言っても、ミサ(mass)のことじゃないよ。

貧しい農民は司教から免償をもらうことは望めなかった。だから、一般信者はこのシステムへの信頼を失い、教会に通うものはまた減りそうになった。

質問者:で、今度は何をしたんですか?

「9日間の祈り」のロウソクを考え出した。

教会に行って、「煉獄にいる哀れな魂」のためにロウソクを1本ともし、「9日間の祈り」を捧げると(これは決まった順序であげる祈りで、かなりの時間がかかる)、亡くなった愛する者の「刑期」を何年か減らすことができる。死者はもともと神が定めたよりも早く、煉獄から出られるわけだ。

人びとは自分のためには何もできないが、少なくとも亡くなった者のために祈れるようになった。もちろん、ロウソクがともされるたびにコインが1枚か2枚、献金されれば、それも役立つだろう。たくさんの赤いガラスの向こうで、たくさんの小さなロウソクがちらちらともり、たくさんのコインが献金箱に落とされた。みんな、煉獄にいる魂にかした苦しみを、わたしに「軽減」させたいからだ。

質問者:まさか!驚いたな。それで、人びとはそのカラクリに全然気づかなかったんですか?それもこれも、教会の必死の試みで、教会は彼らが神と呼ぶ「ならず者」から身を守ろうと必死な信者をつなぎとめておこうと必死なのだ、ということがわからなかったんでしょうか。

そう、そのとおり。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/15 21:00】 | 宗教
不安を利用してひとをコントロールしようという試みだ
質問者:随分、たくさん話をしましたね。実にいろいろな話が出ました。この辺で話題を変えてもいいですか?

あなたは、いいのかな?

質問者:ええ、やっと、調子が出てきました。この3年間、聞きたかった質問をみんな、したいんです。

それならいいよ。どうぞ。

質問者:ありがたい。それでは、もうひとつの神秘的な謎、輪廻転生について、教えていただけますか?

もちろん。

質問者:輪廻転生なんてインチキな教義だと言っている宗教もたくさんありますね。人生は一度だけだと。

知っている。それは正しくないな。

質問者:だけど、こんなに重要なことを、どうして間違えるんでしょうか?

人間には不安をよりどころにした宗教がたくさんあって、崇拝され恐れられる神を中心にした教義が説かれている。まず、そこを理解しなくてはいけないよ。

地球の社会が母系制から父系制につくりかえられたのは、不安を通してだった。最初の聖職者たちも、人びとの「邪(よこしま)な生き方を改め」させ、「神の言葉に従わせ」るのに、不安を利用した。教会は不安を利用して教会員を獲得し、コントロールしたのだ。ある教会などは、毎週日曜日に教会へ通わなければ神の罰を受けるとさえ主張した。教会へ通わないことは罪だと宣言してね。

それも、ある特定の教会に通わなければいけないという。違う宗教の教会へ行くことも罪なのだ。これは単純素朴に、不安を利用してひとをコントロールしようという試みだ。

驚くのは、この方法が有効だったということだな。くそったれめ(hell)、まだ、有効なんだよ。

質問者:ちょっと、ちょっと、あなたは神さまでしょう。汚い言葉はやめましょうよ。

誰が汚い言葉を使った?わたしは、事実を言ったまでだよ。hell'地獄がまだ有効だ、とね。神が人間と同じように情け容赦がなく、自分勝手で、狭量で、復讐心が強いと信じている限り、ひとはいつまでも地獄を信じ、地獄に落とす神を信じるだろう。

昔、殆どのひとは、そんなことをすべて超越した神が想像できなかった。だから、「復讐心の強い恐ろしい神を畏れよ」という教会の教えを受け入れたのだ。

ひとはもともと善であり、適切に行動する、それが理にかなっているということが、信じられなかったらしい。だから、自分を律するために、神は怒り、罰を与えるという教義を教える宗教を創り出さなければならなかった。輪廻転生という考え方をすると、その教義がめちゃくちゃになるからね。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/14 21:00】 | 宗教
高い報酬を払わなければ、「チャネリング」や「仲介」をしないと言われたら、とっとと逃げ出しなさい。
質問者:なるほど。でも、「双方向」コミュニケーションはどうなんでしょう?霊媒は役に立ちますか?だいたい、可能なものなんでしょうか?それとも、ほら話ですか?危険な企てですか?

あなたの言っているのは、霊(いのち)とのコミュニケーションだね。もちろん可能だ。危険かって?怖がっていれば、何だって、「危険」だよ。何かを恐れれば、恐怖の対象を想像してしまう。しかし恐れなければならないことなど、何もない。

愛する者は決して遠く離れはしない。一瞬の考えより遠くへは決して行かないし、あなたが必要とするときは常にそばにいて、相談に乗ったり、慰めたり、助言したりしてくれる。

愛する者が「大丈夫」かどうかと案じて、強いストレスを感じていれば、必ず徴、合図、ちょっとした「メッセージ」を送って、すべてうまくいっているよ、と知らせてくれる。

彼らに呼びかける必要すらない。この世であなたを愛していた者の魂は、あなたの霊のフィールドに小さなトラブルや乱れを感じた途端、引きつけられ、引き寄せられて、飛んでくる。新しい世界で得られる可能性について知れば、彼らはまず愛する者を助けよう、慰めようとする。だから、あなたも本当に彼らに向かって自分を開いていれば、そばに来て慰めてくれるのを感じるはずだ。

質問者:亡くなったひとが部屋にいたと「誓ってもいい」と言うひとたちの言葉は、本当なんですね。

もちろんだとも、愛する者の香水の匂いを嗅いだり、葉巻の香りがしたり、よくハミングしていた歌がかすかに聞こえたりすることもある。あるいは、故人の持ち物がいきなり現れる。ハンカチや財布、カフス、宝石などが「なぜか、突然に」出てくる。椅子のクッションの隙間や、古い雑誌の下で「見つかる」。おや、こんなところに。特別な絵や写真が、故人を思い出して偲び、悲しくなった調度そのとき、目にふれる。

そういうことは、「たまたま起こる」のではない。そういうものは、「調度、故人を偲んでいるときに」、たまたま「なぜか、突然に」出てくるのではない。いいかね、宇宙には偶然はないのだよ。そういうことはよくある。しょっちゅう起こっている。

さて、あなたの質問に戻ろうか。身体から離れた存在とコミュニケートするのに、いわゆる「霊媒」や「チャネリング」が必要か?いや、必要はない。役に立つか?役に立つこともあるだろう。それは、超能力者あるいは霊媒によるし、彼らの動機にやる。

高い報酬を払わなければ、「チャネリング」や「仲介」をしないと言われたら、とっとと逃げ出しなさい。そんな相手は金だけが目当てかもしれない。何週間も、何ヶ月も、それどころか何年も、「ふりまわされて」、「霊界」と接触したいというあなたの欲求や願いを利用されても、不思議ではない。

ただ助けるためだけに―霊がそうであるように―いるなら、そういうひとは、自分の仕事を続けるのに必要なもの意外は一切要求しない。

そういう超能力者や霊媒が助けてくれるというなら、こちらもできるだけの援助をすることだ。相手の法外な寛容さにつけこんで、充分に応えられるのがわかっているのに、わずかしか、あるいは何も提供しないというのはいけない。

本当に世界のために役立ちたい、本当に知恵と知識を、洞察と理解を、思いやりと優しさを分かち合いたいと思っているひとを探しなさい。大いにそのひとたちの力になってあげなさい。最高の敬意をはらいなさい。できるだけ多くを提供しなさい。彼らこそ、光の担い手なのだから。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/13 21:00】 |
死者との交流
質問者:でも、失踪したひとを探し出して人助けをする超能力者はどうなんですか?誘拐された子どもとか、家出したまま、どんなに帰りたくてもプライドが邪魔して帰れないティーンエイジャーとか。それに、捜査に協力して(死者も生者も含め)失踪人の居場所をつきとめるという、昔ながらの超能力者の場合は?

もちろん、それは考えれば明白だろう。真の超能力者が避けているのは、他者に自分の意思を押しつけることだ。真の超能力者は、ひとつのためになろうとしているのだよ。

質問者:それじゃ、死者と話したいと頼むのは構わないんですか?「先に逝った」ひとたちと接触しようとしても、いいんでしょか?

どうして、そうしたい?

質問者:何か、わたしたちに言いたいことがあるかもしれないからです。

「向こう側」にいる誰かが何かを知らせたいと考えれば、必ず方法を見つける。だから、心配しなくていい。「先に逝った」おじ、おば、いとこ、兄弟、姉妹、父母、配偶者、恋人、みんなそれぞれの旅を続け、完全な喜びを経験し、完全な理解を目指して進んでいる。

彼らが―あなたがどうしているか見たい、彼らが元気でいると知らせたいと―あなたのもとへ戻りたくなれば、ちゃんと戻ってくるから大丈夫。だから、「徴(しるし)」に気をつけて、受けとめなさい。気のせいだ、「希望的観測」だ、偶然だと切り捨てたりしないこと。

質問者:知り合いの女性が、瀕死の夫を看病しているとき、こう頼んだそうです。どうしても逝ってしまうのなら、お願いだから帰ってきて、大丈夫だよと知らせてね・・・。夫は、そうすると約束し、2日後に亡くなりました。それから1週間もしないある夜、目覚めた彼女は、誰かがベッドの自分の側に座っていると感じたんです。目を開けてみると、誓ってもいい、そこに夫がいたと言うんですよ。ベッドの足元の方に座って、微笑みかけていたそうです。でも、またたきしてもう一度見ると、夫は消えていた。あとになってその話をした彼女は、きっと幻想を見たのね、と言っていました。

そう、よくあることだ。反論しようのない、はっきりした徴を受け取っているのに、無視してしまう。あるいは、気のせいだ、幻だと切り捨ててしまう。この本についても、同じことだよ。

イエスの復活を疑ったトマスと同じで、見て、感じて、触れなければ、信じようとしない。だが、あなたがたが知りたいことは、見ることも感じることも触れることもできない。別の領域の事柄だから。あなたがたは、そこに向かって開かれていない。まだ、用意ができていない。だが、焦らなくていい。生徒の準備ができたとき、教師が現れるのだから。

質問者:そうなんですね。ところで、さっきの話に戻りますが、向こう側の誰かと接触したくて、超能力者のところへ行ったり、降霊会に参加したりしない方がいいんですか?

こうせよとか、するなとは言わない。そんなことをして何になるか、と言いたいだけだ。

質問者:でも、向こう側のひとに聞きたいんじゃなくて、言いたいことがあったら、どうなんでしょう?

あなたが言うことが彼らに聞こえないとでも思うかね?「向こう側」にいる誰かについて、ほんの僅かでも考えれば、途端に、彼らの意識はあなたのもとへ飛んでくる。「逝った」ひとについて、何かを思ったり考えたりすれば、そのひとのエッセンスは必ず気づく。霊媒を使って接触する必要などない。愛こそが、コミュニケーションの最高の「霊媒(メディア)」だよ。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/12 21:00】 |
真の超能力者と「ニセモノ」とを見分ける方法
質問者:それは、どういうことなんですか?

他人に経験させたことは、いつか、必ず自分が経験する、ということだよ。ニューエイジのコミュニティでは、もっと面白い言い方をしているね。

質問者:「行ったものは、必ず戻る」ですか。

そうそう。イエスの教えとして知っているひともいる。自分にしてほしいと思うように、ひとにしてやりなさい。イエスは、因果関係を教えているのだ。第一の法則と呼んでもいい。「いかなる社会の正常な展開にも介入してはならない」という、カーク、ピカード、ジェインウェイという歴代艦長に与えられた宇宙艦隊規約第一条のようなものだ。

質問者:ええっ、神さまは「スタートレック」のファンだったんですか!

何をたわごとを言っているのだろうね?エピソードの半分は、わたしが書いたのだ。

質問者:製作者のジーンには聞かせない方がいいですね。

おいおい。ジーンに話してくれと言われたのだよ。ジ-ン・ロデンベリーはもちろん、カール・セーガンとも、ボブ・ハインラインとも話しているよ。

質問者:しかしですね。そういう軽口ばっかりだと、対話全体の信頼性が損なわれてしまいますよ。

なるほど。神との対話は生真面目でなくてはならないのだね。

質問者:少なくとも、信頼できないとね。

ジーンやカール、ボブをもち出すと、信頼できなくなるのかな?彼らにそう言ってやらないといかんね。

さて、真の超能力者と「ニセモノ」とを見分ける方法に戻ろうか。真の超能力者は艦隊規約第一条を知って、実践している。だから、「昔、別れた恋人」を取り戻して欲しいとか、ハンカチや手紙から誰かのオーラを「読んで」欲しいと言っても、真の超能力者なら、こう答えるだろう。

「すみませんが、それはできません。他人が歩いている道を邪魔したり、ひとにことに介入したり、覗き見たりはしないのですよ。他人の個人的、私的な情報をお教えするわけにはいきません」

そういう「サービス」をしてあげると言う者がいたら、それはあなたの人間的な弱点や欠点を利用して金を巻き上げようとする「いかさま師」だと考えていい。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/11 21:00】 |
誠実な超能力者は・・・
質問者:わかりました。ごもっともです。だが、超能力者について、もう少し伺っていいですか?自分には超能力があるというひとのなかで、本物と偽物は、どうすれば見分けられますか?

誰でも「超能力者」だから、すべて「本物」だよ。気をつけなければならないのは、彼らの目的は何か、ということだ。あなたを助けようと思っているのか、それとも自分が豊かになりたいのか。

豊かになろうとする超能力者―いわゆる「プロの超能力者」―は、超能力で何かをしてあげると約束することが多い。「去っていった恋人を取り戻してあげる」「富と名声をあげる」、体重を減らしてあげる、なんてものまであるね!なんでもしてあげる、と彼らは言う。ただし、料金を払えば、とね。上司や恋人、友人など、他人の心を「読んで」教えてあげようと言う者すらいる。そういうときは、「何かもってきなさい。スカーフでも、写真でも、手書きの文章でもいい」と指示するだろう。

確かに、彼らは他人について話してくれる。かなりのことを話してくれる場合も多い。

誰でも跡を残しているからだ。「心霊的な指紋」、エネルギーの痕跡だね。そして、本当に繊細な者は、この痕跡を感じ取る。だが、誠実な者なら、自分の超能力で去ったひとを取り戻したり、他人の気持ちを変化させたり、何らかの結果を創造してあげるとは、決して言わない。生涯をかけて、恵まれた超能力を増強し、活用しようとしている心の超能力者は、決して他人の自由意志を踏みにじってはならないこと、他人の考えに侵入してはならないこと、他人の心霊的スペースを侵害してはならないことを知っているからだ。

質問者:「正しい」とか「間違っている」とかいうことはない、そうおっしゃいましたよね?なぜ急に「決して」してはならないなんて、おっしゃるんですか?

わたしが「常に」とか「決して」というのは、あなたが何を成し遂げたがっているかを考えて言っているのだよ。

あなたがひたすら進歩し、霊的に成長し、「ひとつであるもの」へ回帰したがっていることを、わたしは知っている。あなたは、真の自分について抱く最も偉大なヴィジョンの最も壮大なヴァージョンとして、自分を経験したがっている。あなた個人としても、人間という種としても同じだ。

何度も言ったが、わたしの世界には、「正しい」とか「間違っている」ということはないし、「せよ」とか「するな」ということもない。

しかし、物質的宇宙に組み込まれた自然の法則はある。そのひとつが、因果関係の法則だ。因果関係の法則のなかで、最も重要なのは、次のようなことだ。

自分が引き起こした結果は、結局、自分自身が体験する。





★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/10 21:00】 | 【時】過去・現在・未来
あなたは「選びなおす」ことができるし、そうすれば結果も変わる
質問者:そうだとしたら、「予言」があたらない場合はどうなのですか。実現しなかった、という場合は?

超能力者は「未来を予言」しているのではなく、ただ、「永遠のいま」のなかに垣間見た「可能性」のひとつを話しているに過ぎないからだよ。何を見るかは、リーディングをする超能力者が選択する。彼は、簡単に別の選択をするかもしれない。予言と矛盾する選択をね。

「永遠の時」には「可能性」のすべてがある。すべては何百万もの違った方法で既に起こっている。あとは見方を選択するだけだ。要するに見方の問題なのだよ。見方を変えると、思考が変わり、思考が現実を創造する。どんな結果を期待しても、すべてはすでに存在している。あなたはそう見るか、どう知るかを決めるだけだ。実際、あなたが祈る前に、祈りは「叶え」られているのだよ。

質問者:それでは、祈っても、すべてが叶うわけではないのはどうしてですか?

そのことは1冊目の対話で話したね。求めるものを常に得られるとは限らないが、自分が創造するものは常に得られる。創造は思考に従い、思考は見方に従う。

質問者:しかし、驚きですよね。前にも伺いましたが、やっぱり驚いてしまうなあ。

そうだろう?だから、何度も話し合う方がいい。何度も聞いているうちに、あなたの精神が慣れてくる。そして、「もう驚かなく」なる。

質問者:すべてがたったいま起こっているなら、わたしが「いま」、そのうちのどの「部分」を経験するかは、何によって決まるんですか?

あなたの選択―信念をもった選択できまる。その信念を創造するのは、あなたの考えであり、その考えは見方によって決まる。つまり、自分が「どう見るか」によって決まる。

超能力者は、あなたが選択した「明日」を見て、それが現実化するのを見る。しかし、真の超能力者は、必ずそうなるわけではない、と言うはずだ。あなたは「選びなおす」ことができるし、そうすれば結果も変わる。

質問者:それどころか、わたしは既にした経験を変えていますよね。

その通り!わかってきたようだね。パラドックスを生きるという意味を、理解してきたらしい。

質問者:でも、「既に起こっている」としたら、それは誰に対して「起こった」んでしょう?わたしがそれを変化させたら、その変化を経験する「わたし」はどのわたしなんですか?

時間の流れのなかを移動していく「あなた」は、ひとりではない。もう一度、2冊目の対話を読み返すといい。それから、ここで話されたことと組み合わせて考えれば、理解が深まるよ。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/09 21:00】 | 【時】過去・現在・未来
超能力者
超能力現象には3つのルールがある。それを知れば、超能力がどんなふうに働くか、わかるだろう。

①思考はすべて、エネルギーである。

②物事はすべて、動いている。

③すべての時は、現在である。


超能力者とは、この現象が引き起こす経験、つまり振動に自分を開いているひとだ。ときには、心に画像が浮かぶ。ときには、思考が言葉になる。

超能力者は、このエネルギーをうまく感じ取る。最初は簡単ではない。このエネルギーは非常に軽くて、移ろいやすく、微かだから。髪がそよいだ気がする夏の夜の微風のようなものだ。遠くで聞こえた気がするが、定かではないかすかな音のようなものだ。眼の隅にちらりと映ったと思うが、そちらを見ると消えている一瞬のイメージのようなものだ。

本当にあったのかな?超能力の初心者が常に抱く疑問がそれだ。優れた超能力者は決して疑問を抱かない。疑問を抱いたら、答えが消えてしまうから。疑問を抱くというのは精神の働きだが、超能力者は精神を働かせるのをとても嫌う。直観は精神には存在しない。超能力者になるには、精神から離れ、常軌を逸していなければならない。直観とは心に、魂にあるものだから。

直観とは、魂の耳だ。

魂だけが、生命のほんのかすかな振動を「開き分け」、エネルギーを「感じ」、波動の存在を意識して、それを解釈する繊細な道具(ツール)をもっている。あなたがたには、5つではなく6つの感覚がある。嗅覚、味覚、触覚、視覚、聴覚・・・そして知覚だ。

「超能力」とは、こんなふうに働くのだよ―。何かを考えると、思考はエネルギーを放出する。思考はエネルギーなのだ。超能力者の魂は、そのエネルギーを感じる取る。真の超能力者はそれを解釈せず、どんな感じかをそのまま口にする。だから、超能力者にはあなたの考えがわかるのだ。

あなたのいままでの感情のすべてが、魂のなかに残っている。魂は、感情の総和だ。貯蔵所だよ。貯蔵してから何年も経っていても、真の超能力者は、その「感情」をおりおりに感じ取ることができる。それは、「いま、すべてがある」からだ―。

質問者:時などというものはないから―。

だから、超能力者はあなたの「過去」について語れる。

「明日」もまた存在しない。すべては、たったいま起こっている。すべての出来事がエネルギーの波を放出し、宇宙の感光版に消えない映像を焼きつけている。超能力者は「明日」の映像を、いま起こっていることのように見たり、感じたりできる。本当に、いま起こっているのだからね。だから、「未来」を語る超能力者もいるのだ。

物理的には、どう作用しているのか?たぶん、自分でも気づかずに、超能力者は激しい集中力によって自分の超微粒子を放出しているのだろう。「思考」と言ってもいい。それが身体を離れ、はるかかなたまで飛んでいき、それから向きを変えて、遠くからまだ経験されていない「いま」を見る。

質問者:超微粒子の時間旅行ですか!超微粒子の時間旅行か!

そう言うこともできるね・・・。どうやらSFチックなコメディになったらしいな。

質問者:いやいや、そんなことはないです。真面目に聞きますよ・・・約束します。どうか続けてください。

よろしい。超能力者の超微粒子は、集中することによって得られたイメージのエネルギーを吸収し、身体に持ち帰る。超能力者は、「その映像を獲得する」―ときには身震いしつつ。あるいは「感情を感じ取り」、できるだけデータを「処理」せずに、単純に、即座に、それを表現しようとする。

超能力者は、自分が「考えた」ことや、「見た」こと、「感じた」ことに疑問を抱かず、できるだけ手を触れずに、ただそのまま「通過」させる。何週間かして、「見た」り「感じた」りした出来事が本当に起こったら、超能力者は未来が見えるといわれる。確かに、その通りなのだ!



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/08 21:00】 | 【時】過去・現在・未来
超能力の秘密
質問者:それでですね、わたしが知りたいのは、「超能力」とは何かってことなんです。

あなたがたはみんな「超能力」をもっている。実は、誰でももっている、「第六感」なのだよ。超能力とは、限られた経験からもっと広い視野にでていく能力のことだ。そして、戻ってくる。限られた人間が感じると思うよりもっと多くのことを感じること、自分が知っているはずだと思うよりもっと多くのことを知ることだ。自分の周りのもっと大きな真実から真実をくみ上げる力、異なるエネルギーを感じる力だ。

質問者:その能力は、どうすれば増強できますか?

「増強」というのは良い言葉だ。その能力は筋肉のようなものだからね。誰でももっているが、特に増強させようとする者もいるし、放ったらかしで使いものにならない者もいる。

超能力の「筋肉」を増強させるには、鍛えなければいけない。使いなさい。毎日、使いなさい。

いまでも、筋肉はあるが小さい。弱い。活用されていない。だから、直観はときどきしか「当たらない」し、あなたはそれに従って行動しようとしない。何かについて「勘」が働いても、無視する。夢を見たり、「インスピレーション」を感じても、注意しないで見過ごす。あなたがこの本の「直観」に注意をはらってよかった。そうでなければ、いま、この言葉を読むこともなかったのだからね。あなたはこの言葉がたまたま訪れたと思うか?偶然だと?

「超能力」を増強する第一歩は、それをもっていることを知って、使うことだ。あらゆる勘、あらゆる感情、あらゆる感覚に注意をはらいなさい。注意をはらうこと。それから、「知った」ことをもとに行動する。それについては、精神に口出しをさせてはいけない。

不安だからと、遠ざけてはいけない。恐れげもなく直観通りに行動すればするほど、直観が役立つようになる。直観は常にあるのに、あなたが注意をはらっていないだけだ。

質問者:でも、わたしが言うのは、いつでも駐車スペースを見つけられるといった類の超応力じゃないんですよ。本物の超能力について聞きたいんです。未来を見る能力とか。他人についてわかるはずがないことがわかる能力とか。

わたしも、その話をしているよ。

質問者:そういう超能力は、どんなふうに働くんですか?超能力をもったひとの言うことは、聞いた方がいいですか?超能力者が予言をしたら、わたしの未来は決まってしまうんでしょうか。それとも、自分で変えられますか?部屋に入っていった途端に、こちらのことがわかってしまう超能力者というのは、どうしてあんなことができるんでしょう?もし・・・。

ちょっと待ちなさい。あなたは4つの違う質問をしている。ひとつずつ、取り上げていこう。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/07 21:00】 |
祝福しなさい!
質問者:他にもアドバイスしていただけますか?

祝いなさい!生命を祝いなさい!自己を祝いなさい!予言を祝いなさい!神を祝いなさい!祝いなさい!ゲームをしなさい。

瞬間瞬間が何をもたらすように思えても、その瞬間に喜びを見出しなさい。喜び、それが本当のあなたであり、いつまでもそうなのだから。

神は不完全なものを創造することはできない。神が不完全なものを創造できると思っているのなら、それは間違いだ。だから、祝いなさい。完璧さを祝いなさい!微笑み、祝い、ただ完璧さだけを見て、ひとが不完全だと言うものに不完全なかたちでふれないように、注意しなさい。


質問者:それじゃ、地球の地軸の変動をわたしが防ぐことができると、あるいは隕石の衝突や地震による崩壊を、コンピューターの2000年問題のパニックと混乱を防ぐことができるとおっしゃるんですか?

そういうことにマイナスの影響を受けることは防げるね。

質問者:わたしがお尋ねしたのは、そういうことじゃないですよ。

だが、わたしが答えるのはそういうことだ。恐れずに将来に立ち向かいなさい。「プロセス」を理解し、すべてに完璧さだけを見なさい。その平和、穏やかさ、静けさは、ひとが「マイナス」だという経験や結果をあなたから遠ざけてくれるだろう。

質問者:もし、あなたのおっしゃることがすべて間違っていたら、どうなるんですか?もし、あなたが「神」なんかじゃなくて、わたしの豊かな想像力が過熱したあげくの産物だとしたら?

ああ、またその問題に戻るのか?それがどうした?もっと良い生き方が考えられるかね?

わたしが言っているのは、全地球的な災厄が起こるという恐ろしい予言に対しても、静かに安らかに、穏やかに落ち着いていていなさい、そうすれば、最善の結果になるだろう、ということだよ。

考えてごらん。たとえ、わたしが「神」でなくても、ただの「あなた」であっても、もっと良いアドバイスがあると思うかい?

質問者:それは、ないでしょうね。

では、いつも言うことだが、わたしが「神」であってもなくても変わりはない。それなら、その智恵を生かしなさい。他にもっと良い方法を考えついたら、その通りにすればいい。

いいかい、ここで語っているのが、本当はただのニール・ドナルド・ウォルシュだとしても、どの問題であれ、もっと良いアドバイスはたぶん見つからないだろう。だから、こう考えたらいい。語っているのは神か、さもなければニールは非常に利口な男だ、とね。どんな違いがある?

質問者:違いはですね、神が語っていると納得できれば、もっと注意深く耳を傾ける、ってことです。

おいおい、ばかな。わたしは百もの違ったかたちで、千回もメッセージを送ってきたのに、あなたは殆ど、無視してきたではないか。

質問者:ええ、まあそうでしょうね。

まあ?

質問者:いいですよ。その通りでした。

それでは、今回は無視するのはやめなさい。この本をあなたにもたらしたのは誰だと思う?あなた自身だ。だから、神の言葉に耳を傾けられないのなら、自分自身の言葉に耳を傾けなさい。

質問者:あるいは、親切な超能力者に。

あるいは、親切な超能力者に。

質問者:また、からかっているんですね。でも、それでもうひとつ、お聞きしたいことを思い出しました。

わかっている。超能力者のことだろう。

質問者:どうして、わかったんですか?

わたしは超能力者だから。

質問者:へえ、そうか、そうでしょうね。あなたは、すべての超能力者の母だ。チーフだ、トップだ、大物ですよ。あなたこそヒーロー、ボス、隊長、取締役会長だ。

そうそう・・・わかってるじゃないか。

質問者:ようし、やったぞ。

クールだ、兄弟。では、続けようか。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/06 21:00】 | 人生
すべての物事に完璧性を見ること
質問者:コンピューターの2000年問題はどうなんですか?「2000年問題」が原因で、社会的、経済的システムに大変動が起こると言うひともいますね。そうなんですか?

あなたはどうする?何を選ぶ?その問題と自分は関係がないと思うかね?それは違うな。わたしはあなたの未来を予言しに来たわけではないし、予言するつもりもない。だが、これだけは言えるね。誰にでも言えることだが。あなたがたが慎重でなければ、いま向かっているところへ行き着くだろう。したがって、向かっている行く先が気に入らないなら、方向を変えることだ。

質問者:どうすれば、変えられますか?どうすれば、そんな大きな事柄に影響を及ぼすことができますか?超能力者や霊的な「権威」が予言する破局に対して、わたしたちは何をすればいいんですか?

内側へ入っていきなさい。内なる知恵を探ってごらん。内なる智恵が何をしろと呼びかけているか。聞いてごらん。そして、その通りに行動しなさい。

政治家や経済人に手紙を書いて、地球の破局につながる環境破壊を防ぐように頼めと言われたら、実行しなさい。コミュニティの指導者を集めて2000年問題に取り組めと言われたら実行しなさい。ただ自分の道を進み、毎日プラスのエネルギーを送って、周りのひとたちがパニックに陥って問題を起こしたりしないようにせよと言われたら、実行しなさい。

いちばん大事なのは恐れないことだ。いずれにしても、あなたがたは「死ぬ」ことはないから、恐れることは何もない。プロセスの展開を認識し、すべてはうまくいくと知っておだやかにしていること。

すべての物事の完璧さにふれようと努めなさい。どこへ進もうとも、そこは本当の自分を創造するという経験にふさわしい場所なのだ、ということを覚えていなさい。

これが平和への道だ。すべての物事に完璧性を見ること。

最後に、何事からも「逃れ」ようとしてはいけない。抵抗すると、相手はますます強くなる。

将来に、あるいは「予言」された将来に悲観するひとたちは、「完璧さのなか」に留まれない。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/05 21:00】 | 【時】過去・現在・未来
CD-ROM
子どもたちがCD-ROMでゲームをやっているのをみたことがあるだろう?そのとき、子どもたちのジョイスティックの動きひとつひとつにどう応じればいいのか、どうしてコンピューターにわかるんだろうと思ったことはないか?

質問者:ありますね。不思議だと思いました。

すべてCD-ROMにある。コンピューターがあらゆる子どもたちの動きにどう応じればいいのかを知っているのは、可能性のあるすべての動きとその適切な対応がすべて、CD-ROMに記録されているからだ。

質問者:いやあ、奇妙ですね。シュールだなあ。

すべての結末、結末にいたるすべての紆余曲折が、すでにCD-ROMにプログラムされていることがシュールかな?ちっとも「奇妙」なことはないよ。それが技術じゃないか。で、ゲームの技術に感心するなら、宇宙の技術を考えてごらん!

宇宙の車輪をCD-ROMだと想像してみればいい。すべてのエンディングはすでに存在している。宇宙はただ、あなたがたが今度はどの動きを選択するかを待っている。あなたが勝つか、負けるか、引き分けてゲームが終了したら、宇宙は言うだろう。「もう一度、やりたいかい?」

CD-ROMはあなたが勝とうが負けようが気にしないし、「感情を害し」たりもしない。ただ、もう一度ゲームをするチャンスをくれるだけだ。すべてのエンディングはすでに存在する。あなたがどのエンディングを経験するかは、何を選択するかによって決まるのだよ。

質問者:すると、神さまはただのCD-ROMみたいなものなんですね?

わたしは、そうは言わないな。だが、この対話では、誰にでも理解できる概念で説明しようとしている。だからCD-ROMのたとえを使ったのだよ。生命は、多くの点でCD-ROMのようなものだ。すべての可能性が存在し、すでに起こっている。どれを経験するかは、あなたの選択次第だ。

地球の変化についても、全く同じことだよ。多くの超能力者が地球の変化は真実だ。彼らは「未来」への窓を開いてみたのだ。問題は、彼らが見たのはどの「未来」かということだな。CD-ROMのゲームの結末と同じで、いくつものヴァージョンがあるのだから。

あるヴァージョンでは、地球には大天変地異が起こる。あるヴァージョンでは起こらない。実は、すべてのヴァージョンはすでに起こっている。思い出してごらん、時は―。

質問者:知ってます。知ってますよ。「時というものは存在しない」―。

その通り。すると、どうなる?

質問者:だから、すべてのことはいっぺんに起こっている。

そうそう。その通り。かつて起こったことはすべて、いま起こっているし、将来起こることはすべて、いま起こっている。だから、超能力者が予言する滅亡は真実なのかと考えるのなら、関心をすべてそこに集中してごらん。そうすれば、その滅亡を自分に引き寄せる。別の現実を体験したいと思うなら、そちらの方へ関心を集中すれば、その結果が引き寄せられるだろう。

質問者:すると、地球に変化が起こるのかどうかは教えてくれないんですね?

あなたがどうするか、こっちが聞いているのだよ。あなたが、思考で、言葉で、行動で決定するじゃないか。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/04 21:00】 | 【時】過去・現在・未来
このメッセージはぜんまいのようなものだ
質問者:ちょっと話題を変えて、地球の変化について話していただきたいのですが。でも、その前に、ひとつ気づいたことがあります。ここでは、繰り返して話されることが、たくさんありますね。どうも、同じことを何度も聞いているように思うんです。

それは結構!確かにそうなんだ!前にも言ったが、そのように仕組まれているのだよ。このメッセージはぜんまいのようなものだ。巻き戻った状態では、ひとつの輪が別の輪に重なり合って、文字通り「ぐるぐると輪を描いて」いるように見える。ほどいてみはじめて、長いらせん状に伸びていることがわかるんだよ。

そう、あなたの言うとおりだ。何度も、違った言い方で繰り返していることがたくさんある。このメッセージが終わっても、あなたは中心の部分を文字通り繰り返すことができるだろう。繰り返したいと思う日が来るだろうよ。

質問者:よくわかりました。ところで、わたしが「神さまとの直通電話」をもっていると思っているひとがたくさんいるんですが、彼らは、地球は滅亡する運命なのか、知りたがっています。前にも伺いましたが、もっと直接的な答えがいただきたいんです。大勢のひとが予言しているように、地球には変化が起こるのでしょうか?そうでないとしたら、超能力者たちが言うのは、つくるもののヴィジョンですか?わたしたちは、祈るべきなんですか?わたしたちにできることがあるんでしょうか?それとも、悲しいことに絶望するしかないんでしょうか?

その問題なら、喜んで話してあげるよ。ただし「先へ進む」わけではないね。時間についてのこれまでの説明のなかで、答えはすでに与えられているからね。

質問者:「将来起こることはすべて、すでに起こっている」という、あの説明ですか?

そうだよ。

質問者:でも、「すでに起こっている」すべてというのは、何なのですか?どんなふうに起こったのですか?何が起こったのですか?

すべてだよ。すべては、すでに起こっている。あらゆる可能性は事実として、完了した出来事として存在する。

質問者:どうしてそんなことが可能なのか、まだわからないんですが。

わかりやすく話してあげよう。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/03 21:00】 |
永遠に、どこにも行き着かない旅を続ける
質問者:だが、どうしてもゼロに、出発点に戻って、いつも最初からやり直さないといけないんですか?これで「上がり」にする、賭け金200ドルをもらうよ、ということはできないんですか。

何にせよ、しなければならないことはない。神の経験を再経験するなかで、どこへ行きたいか、何をしたかは、あなたが(常に自由意思で)選択する。宇宙の車輪のどこでも好きな場所に移動できる。好きなところへ「戻れる」し、別の次元、現実、太陽系、文明を選んで移ることもできる。神性との完全な合体に到達した者のなかには、悟りを開いた<マスター>として「戻る」ことを選ぶ者だっているよ。それに、この世を去るときに悟りを開いた<マスター>だった者が、自分自身として「戻る」こともある。導師(グル)や<マスター>が何十年か何世紀かの間に繰り返しこの世に現れているという報告は、あなたも耳にしているに違いない。

そうした報告をもとに、ひとつの宗派が築かれているくらいだ。例えば、末日聖徒イエスキリスト教会などだね。だから、あなたは宇宙の車輪のどこでも好きな場所に戻れるのだよ。

質問者:そうだとしても、やっぱり気が重いですね。「休み」はないんですか?ニルヴァーナにずっといるわけにはいかないんでしょうか?わたしたちは永遠に「行ったり来たり」を繰り返し、ハツカネズミがグルグルと輪を回し続けるように、永遠に、どこにも行き着かない旅を続けるんですか?

そうだ。それが偉大な真実だ。どこにも行き着けないし、何もすることはないし、いまのあなた以外に、あるべき「存在」はない。実は、旅などないのだよ。あなたがなろうとしているものは、いまのあなただ。あなたが行き着こうとしていうrのは、いまのあなただ。

<マスター>はそれを知っているから、あがくのをやめる。それから、あなたがあがくのをやめる手伝いをしようとする。だが、このプロセス―宇宙の車輪―は、決して気の重い回し車ではない。神の、そしてすべての生命の至高の荘厳さを、栄光のなかで再確認し続けることだ。

質問者:それでも、やっぱり気が重いように感じますが。

それじゃ、あなたの気持ちを変えてあげようか。あなたは、セックスが好きかな?

質問者:ええ、もちろん。

よほどの変わり者は別として、大抵のひとはそうだね。それでは、明日から魅了を感じたり、愛したりした相手なら誰とでもセックスができる、と言ったら、どう思う?そうなったら幸福だと思うかね?

質問者:それは相手の意思に反しても、ということですか?

いやいや。あなたが身体で愛という人間的な体験を祝いたいと思えば、相手も必ず同じことを考えるようにしてあげる。相手もあなたに大きな魅力と愛を感じるんだよ。

質問者:わ!そりゃ―もちろん最高ですよ!

ただし、ひとつ条件がある。一回ずつ終わらせなければならない。切れ目なく次々に、というわけいにはいかないのだよ。そこで、この種の肉体的な結合のエクスタシーを経験するためには、たとえ一時的にせよ、誰かと性的に結ばれていないという状態も経験しなければいけないわけだ。

質問者:ははあ、おっしゃりたいことがわかってきましたよ。

そう。エクスタシーといえども、エクスタシーがないときがなければ、存在できない。霊的なエクスタシーだって、肉体的なエクスタシーと同じなんだよ。

生命の循環には、気が重くなることは何もない。喜びがあるだけだ。喜びと、さらに大きな喜びがあるだけだよ。<マスター>は、喜びより下の状態にいることはない。その<マスター>の状態を、いまはあなたは望ましいと思うだろう。

そこでは、エクスタシーを経験し終わっても、常に喜ばしい状態でいる。喜びのために、エクスタシーを必要としない。エクスタシーが存在すると知っているだけで、喜びのなかにいられる。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


【2008/04/02 21:00】 | 人生
| ホーム | 次ページ
カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!