fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
第三章の要約
質問者:第三章でおっしゃったことを要約してみましょうか。

①いまこの時間をおいて、他に時間はなく、いまこの時をおいて、他に時はない。

②時間は連続しているものではない。「上がったり、下がったり」するパラダイムの中に存在する、相対性のひとつの面である。「時」や「出来事」は重なりあっていて、同じ「時間」に起こっている。

③わたしたちは、この時間―非時間―すべての時間という領域で、あちらこちらの現実を常に旅している。普通、旅は眠りのなかで行われる。デジャヴュは、旅を感じるひとつの方法である。

④わたしたちが「存在しない」時間は、これまでも、これからもない。

⑤魂の「年齢」とは、「時間」の長さではなく、認識のレベルを指す。

⑥悪はない。

⑦わたしたちは、あるがままで完璧である。

⑧「間違い」とは相対的な経験に基づいた、精神の概念化によって出来上がったものである。

⑨わたしたちは進むに従ってルールを作り、現実にあわせて変更している。それで全く構わない。わたしたちが成長する存在であるなら、そうあるべきだからだ。

⑩ヒトラーは地獄へは行かなかった(!)。

⑪起こることはすべて、ひとつ残らず神の意志である。台風や竜巻、地震だけではなく、ヒトラーさえも同じだ。それを理解するには、すべての出来事の背後にある目的を知ればいい。

⑫死後の懲罰はない。すべての結果は相対的な経験のなかにのみあり、絶対の領域には存在しない。

⑬人間が作り出した神学は、存在しない狂気の神を説明しようという、狂気の試みである。

⑭仮に神学の筋を通そうとすれば、神には筋が通っていないと認めなければならない。


――――――こんなところでどうですか?他に、うまい要約の仕方がありますか?

いや、大変結構だよ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2007/11/12 07:00】 | 自然&宇宙法則
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!