fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
あなたがたは性を汚れた、恥ずべきもの、タブーにして、愛の行為を恥ずかしがっている
質問者:不思議なことに、あなたの言葉を聞けば聞くほど、さらに疑問が沸いてくるんです。いまは、セックスと同じように、政治についても疑問が沸いてきましたよ!

両者は同じだと言うひともいるね。政治の世界で行われることは―。

質問者:ちょっと待ってください!まさか、いかがわしい言葉を使おうというんじゃないでしょうね?

いや、ちょっとびっくりさせてみようかと思っただけだよ。

質問者:おやおや!やめてくださいよ!神さまはそんな言葉は使わないものですよ!

それでは、どうしてあなたがたは使うのかね?

質問者:普通のひとは使いませんよ。

バカを言ってはいけない。

質問者:だから、神を恐れるひとは使っていませんってば!

そうか、神を恐れるから、神を冒涜するようないかがわしい言葉を使わないんだね。しかし、たかが言葉でわたしが冒涜されるなんて、誰が言った?それに、あなたがたが情熱の高まりのさなかで、最高のセックスを表す言葉が、最高の侮辱としても使われるなんて、面白いと思わないか?あなたがたの、セックスに対するものの見方を示しているんではないかな?

質問者:どうも、混同していらっしゃるようですね。その言葉は、本当に輝かしくロマンチックで、セクシュアルな瞬間には使わないんじゃないかな。

おやおや、そうかな?最近、どこかの寝室へ行ってみたことはないのかな?

質問者:いいえ。おありになるんですか?

すべての寝室に、わたしはいる。いつでも。

質問者:まあ、それはありがたいことかもしれないですけど・・・。

おや?寝室ですることは、神の目の前ではできないと言いたいのかな?

質問者:大抵は、誰かが見ていると思ったら、落ち着かないでしょう。まして、神さまなんて。

しかし、文明の中には―アボリジニとか、ポリネシアの一部の人びとの間などでは―全くおおっぴらに愛の行為が行われるがね。

質問者:そうですね。だけど、殆どのひとは、そこまで自由なレベルに達していないんじゃないですか。それどころか、そういうのは原始への退化、異教徒的だと思うひとが多いでしょうね。

あなたの言う「異教徒的」なひとたちは、生命に大きな敬意をもっている。レイプなどということは白に脚、殺人も殆どない。あなたがたの社会はセックスを―大変に自然でノーマルな人間の機能を―覆い隠し、おおっぴらに人殺しをしている。それこそ、猥褻(わいせつ)というものではないか!あなたがたは性を汚れた、恥ずべきもの、タブーにして、愛の行為を恥ずかしがっている。

質問者:そうじゃないですよ。大抵のひとは、あるべきセックスに対する感覚が違うんです―自分たちのほうが高度なんだと言うでしょう。そして、ごくプライベートな行為だと思っている。人間関係の神聖な部分だと思っているひとたちもいますよ。

プライベートな行為でないと、神聖ではないというわけじゃない。人間の最も聖なる儀式の大半は、公開で行われている。プライバシーと神聖さを混同しないように。大体、最大の悪事は隠れてプライベートに行い、最善の行為だけをおおっぷらに見せびらかすではないか。

別に公開セックスを勧めているのではない。ただ、プライベートな行為が必ずしも神聖ではないと言いたいだけだ。それに、公開したからといって、神聖さが損なわれるわけでもない。

また、「あるべき」という言葉とそこに隠された行動規範が、何よりも―罰を与える神という概念は別として―男女の最大の歓びを禁じ、つまらないものにしている。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2007/12/05 07:00】 | SEX
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!