fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
まだ欲しいのを我慢して無理に諦めるのではなく、「持っても仕方ない」と知っているだけだ。単純に手放し、遠ざかるのだ
質問者:それでは、どうして多くの師が、完全に禁欲しているんでしょう?

人間がバランスをとれると、信じられないからだ。彼らは、性的なエネルギー―その他の世俗的な体験につきまとうエネルギー―は強力だから、ほどほどに保ってバランスをとるのは無理だと思っている。禁欲が霊的な成長の唯一の道だと考えている。ひとつの可能性に過ぎないとは考えていない。

質問者:でも、高度な成長を遂げたひとたちが、「セックスをあきらめて」いるのも事実ですよね?

古い意味で「諦めて」いるのではない。まだ欲しいのを我慢して無理に諦めるのではなく、「持っても仕方ない」と知っているだけだ。単純に手放し、遠ざかるのだ。

デザートのおかわりをしないのと同じだ。デザートがまずかったからではない。身体によくないというのでもない。おいしいけれどもう充分だ、というだけだ。そういった理由でセックスと関わらなくなっても、まだ欲求が在るかもしれない。あるいは、ないかもしれない。いつになったら「充分」なのか、決してわからないだろう。他の体験とバランスをとりつつ、その体験を欲し続けるかもしれない。

それはそれでいい。構わない。禁欲よりセクシュアルな行動の方が、悟りや霊的な成長から遠いわけでもない。悟りや成長を遂げたときに消えるのは、セックスに溺れると、根深い欲望、衝動的な行動だ。金や権力、安全、所有、その他の肉体的な体験についても同じで、そうしたものへの惑溺(わくでき)は消滅する。だが、それらに対する真の評価は消えないし、消えるべきでもない。人生のすべてを評価することは、わたしが創造したプロセスを称えることだ。人生や人生の喜びを軽蔑することは、たとえ基本的、肉体的な喜びであっても、創造者であるわたしを軽蔑することだ。

わたしが創ったものが汚れているとしたら、わたしはどうなのか?逆にわたしの創ったものを聖なるものと呼ぶなら、それらを経験することも、わたしという存在も、清らかだということになる。

いいかね。わたしは軽蔑すべきものなど、何も創造しなかった。

シェイクスピアも言っている。「悪」だと考えるから悪なんだ、それだけのことだ、とね。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2007/12/09 07:00】 | SEX
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!