fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
親は常に自分の行動という手本によって、何が「正しく」、何が「間違っている」かを子どもに教えている
質問者:では、セックスと子どもについて、お聞きしたいのですが。子どもがいくつぐらいになったら、セクシュアリティについて本当のことを教えてもいいんでしょうか?

子どもは生まれてすぐ、自分をセクシュアルな存在だと気づいているよ―つまり人間だということだが。なのに親たちは、できるだけ気づかせまいとする。赤ん坊の手が「いけない場所」に触れると、やめさせる。幼い子どもが自分の体に罪もない歓びを見つけると、親はぎょっとして大騒ぎし、子どもに不安を植え付ける。子どもは、自分は何をしたのだろう、ママがあんなに怒っていると、怯える。

あなたがたの人種にとっては、子どもたちにいつセックスを教えるかではなく、セクシュアルな存在であることを否定せよという要求をいつやめるかが問題だ。12歳から17歳の間のどこかで、大抵の親は闘いを放棄して、「よろしい、もう自分のセクシュアルな部分に気づいて、それを使ってもいいよ」と伝える(もちろん、言葉にはしない―話題にもしないから)。そのことにはとり返しがつかなくなっている。

10年もの間、子どもたちは身体の一部を恥じるべきだと教えられてきた。その部分の適切な名所すら教えられていない子どもさえいる。「いちもつ」だの「われめちゃん」だのと、単純に「ペニス」「膣」と言いたくないばかりに、あなたがたが考え出した言葉を聞かされる。

こうして身体のその部分は口にしてはいけない、否定すべきだという味方をしっかりと植えつけられて育った子どもは、どうしていいかまるでわからずに、激動の思春期を迎える。

全く準備ができていない。当然、彼らの行動は惨めだ。新しい最も激しい衝動に、不適切とまでは言えないにしても、不器用な反応しかできない。そんな必要はないし、子どものためにもならない。あまりに多くの子どもたちが、タブーやコンプレックスを抱えたまま、大人になる。「群を抜いた存在」にはなれない。

開かれた社会では、幼い子どもたちが人間としての存在の喜びに気づいても、決して眉をひそめられたり、叱られたり、「矯正」されたりしない。両親のセクシュアリティも―つまり、両親もセクシュアルな存在だという事実も―隠したりしない。親や子ども、兄弟姉妹の裸体をごく自然に目にする。自然なもの、すばらしいもの、恥じたり隠したりする必要など全くないものとして扱われる。

社会によっては子どもの目の前で堂々と親がむつみあう。性的な表現の美しさ、すばらしさ、純粋な喜び、そして全面的な肯定をこれほど上手に子どもたちに伝えるものはないだろう。

親は常に自分の行動という手本によって、何が「正しく」、何が「間違っている」かを子どもに教えている。子どもたちは、親が考え、口にし、行動することを見て、すべてについて明確な、また微妙な信号を受け取っている。

そういう社会にはレイプや、性犯罪などは殆ど存在しないこと、売春などはトンデモナイ冗談でしかなく、性的なタブーや機能不全などという話も聞かないことははっきりしている。

いまのあなたがたの社会には、そこまでの開放性は勧められないにしても(よほど特殊な状況でない限り、文化的な烙印を押されてしまうだろう)、いわゆる現代文明で性的な表現や体験につきまとう抑圧や罪悪感、恥に終止符を打つために、何ならかの行動を起こすべき時だろうな。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2007/12/11 07:00】 | SEX
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!