fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
認識―誠実―責任
質問者:それじゃ、どんなふうにい若者を教育すべきなんですか?

第一に、彼らを霊的な存在として扱いなさい。彼らは、物理的な肉体に宿った魂だ。魂にとって、肉体に宿ることはやさしいことではない。肉体に慣れるのもやさしいことではない。とても窮屈で、狭苦しいものだ。だから子どもたちは息苦しくてふいに泣き出す。その泣き声を聞いてやりなさい。理解してやりなさい。そして、子どもたちにできるだけ「ひろやかな」気持ちを持たせてやりなさい。次に、思いやりと優しさで築いた世界を教えてやりなさい。子どもたちが何を記憶の中へ取り込むかに、充分に心配りをし、慎重でありなさい。

子どもたちは見たこと、経験したことをすべて記憶する。どうして、子宮から出た途端に赤ん坊を叩くのか?本当に、そうしなかればエンジンが動き出さないと思っているのか?どうして、それまで知っていた唯一の命のあり方から切り離された途端、母親から赤ん坊を引き離すのか?身長あ体重を測ったり、つつきまわすのはもう少し後にして、まず母親という、命を与えたくれた存在の、安らぎと心地よさを味わわせてやってもいいのではないか?

どうして、ほんの幼い頃の最初のイメージを暴力的なものにするのか?どうして、それが子どものためだなどというのか?そして、どうして愛のイメージを隠しておくのか?どうして、あなたがたは子どもたちが自分の身体とその機能を恥ずかしがったり、戸惑ったりするように仕向けるのか?喜びについて、あなたがたはどんなメッセージを子どもたちに与えているのか?身体について、どんなことを教えているのか?

どうして、子どもたちを競争が許され、むしろ奨励される学校へ入れ、「最高」で「一番多く」を学んだものに褒美を与えて「成績」を評価するのか?自分自身のペースで進ませてやらないのか?そんなやり方から、子どもたちは何を学ぶと思う?

どうして、子どもたちに動きや音楽、芸術の喜び、おとぎ話の神秘、生命の驚異を教えないのか?どうして、子どもの中に自然にあるものを引き出さずに、不自然なことを強要するのか?

また、どうして子どもたちに論理と批判的な考え方、問題解決、創造、自分の直感と最も深い内面的な知識という道具(ツール)の使用方法を学ばせず、すでに破綻しているのになお継続されているルールや、社会のシステムや、結論を記憶させるのか?最後に、ものではなく概念を教えなさい。

次の3つの基本概念を中心にした、新しいカリキュラムを考えなさい。

―認識―誠実―責任

子どもたちに幼い頃から、この概念を教えなさい。カリキュラムの最後まで、この3つの筋を通しなさい。教育のモデルをこの3つにおきなさい。すべての指導を、この3つから始めなさい。

質問者:それがどういうことを意味するのか、よくわからないのですが。

子どもたちに教えることはすべて、この3つの概念を基にするという意味だよ。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2007/12/20 07:00】 | 教育
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!