fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
「神との対話」とは
質問者:ひとつ、言いたいことがあるんですが、ここで口をはさんでもいいですか?

いいとも。何でも言ってごらん。

質問者:この対話はとても奇妙な感じです。まさか、神さまとの対話の中で、政治活動についての勧告をされるとは思ってもいませんでしたよ。つまり、神が単一税率制度に賛成だなんて、ひとにどう説明したらいいでしょう?

あなたにはどうしても「税」としか考えららないらしい。

豊かさの10%を差し出して分け合うということが、奇異に感じられるのだろうから、無理もないが。それにしても、わたしがそうした考え方をすることが、どうしてそんなに信じられないのかね?

質問者:神さまというのは、そういうことを判断したり、意見を言ったりしなんだと思っていました。

ちょっと待ちなさい。誤解を正しておこう。この前の対話―一冊目の対話だね―で、わたしはいろいろな質問に答えた。どうすれば人間関係がうまくいくか、正しい生き方とは何か、正しい食事についても答えたじゃないか。それとこれと、どう違うのだろうね?

質問者:さ、わかりません。ただ、違う気がするんです。つまり、本当に政治的意見をお持ちなんですか?もしかしたら、共和党の党員所を持ってたりして?驚いちゃいますよ!神さまが共和党員だなんて。

民主党員のほうがいいと思うかい?おやおや(Good God)!

質問者:うまい!いえ、そうじゃなくて、ノンポリの方がぴったりくるんですよ

わたしはノンポリだよ。政治的意見など、もってはにない。

質問者:まるで、ビル・クリントンみたいだ。

そう、そうだよ!うまいことを言うじゃないか!ユーモアは大好きだ。あなたは?

質問者:神さまがユーモラスだったり、政治的だったりするとは思ってませんでしたね。

それでは人間的過ぎると?よろしい。もう一度この本と一冊目の対話について、きちんと説明しておこう。

あなたがたいこういう人生がいいだの、ああいう人生がいいだのとは、わたしは言わない。わたしの唯一の欲求は、あなたがたが充分に創造的な存在としての経験をすること、それによって本当の自分を知ることだ。

質問者:ええ、わかります。そこまでは、わかっています。

わたしがここで答えている質問も、一冊目の対話で話したことも、創造的な存在としてのあなたがたがどんなふうになりたい、何をしたいと考えているかとうことをふまえて、聞いたり、答えたりしている。例えば、一冊目の対話で、あなたは人間関係に成功するにはどうすればいいか、いろいろと聞いたね。覚えているかな?

質問者:もちろん、覚えています。

わたしの答えに問題があると思ったか?そうしたことについて、わたしが意見を言うのは変だと思ったかい?

質問者:いいえ、全然。わたしはただ答えを読んでいただけです。

そら、わたしはあなたの質問をふまえて答えていただけだ。つまり、あなたがこれこれを望む、それを実現するにはどんな方法があるだろうと、尋ねた。わたしは、それについて答えた。

質問者:はい、そうでしたね。

ここでも、同じことをしているだけだ。

質問者:そうですが・・・そうなんですが・・・あれとこれとは、どうも違う感じがしてならないんです。

ここで話していることには、賛成しにくいと思うのかな?

質問者:そうですねぇ・・・。

それならそれで、いいんだよ。

質問者:えっ、いいんですか?神さまに反対しても、いいんですか?

当たり前だ。わたしが何をすると思ったのかね?ハエみたいに叩き潰すとでも?

質問者:まさか、そこまでは考えていませんでしたが。

いいかな。すべてが始まったときから、世界はずっとわたしに反対してきた。世界の誕生以来、わたしの言う通りに従った者は殆どいないよ。

質問者:そう、そうなんでしょうね、きっと。

そうだとも。ひとがわたしの指示に従っていたら―何千年にもわたって、たくさんの師を送ってきたのだから―いまとは別の世界になっていただろうね。だから、いま、わたしに反対したいのなら、構わないから反対しなさい。それに、わたしが間違っているかもしれないのだし。

質問者:なんですって?

それに、わたしが間違っているかもしれないのだし、と言ったのだよ。やれやれ・・・あなたはまさか、これを福音だと思っているのじゃイだろうね?

質問者:それじゃ、この対話を信用するなとおっしゃるんですか?

おいおい、ちょっと待ちなさい。どうも、肝心なことがわかっていないようだ。一から出直そうか。この本は、あなた自身がつくりあげているんだよ。

質問者:それで、ほっとしましたよ。具体的な指針が与えられていると、思い込むところだったな。

指針とは、あなたの心に従いなさいということだ。自分自身の魂に耳を傾けなさい。自分自身の声を聞きなさい。わたしが選択肢を、考え方を、意見を示したとしても、何か、あるいは誰かに対する依存を、この本への依存に摩り替えるのが目的ではないのだからね。自分で考えさせたいのだ。自分自身で考えること。それがいまのわたしだ。わたしは考えているあなた、考えを声に出している、あなただ。

質問者:それじゃ、この対話は至高の源から発しているのではないとおっしゃるんですか?

いやいや、もちろんそうだよ!しかし、あなたがまだ信じられないでいることがひとつある。あなたが至高の源だということだ。どうも、それがわかっていないらしい。あなたがすべてを―人生のすべてを―ここで、いま創り出しているのだ。あなたが・・・あなた自身が・・・創り出している。わたしではない。あなただ。

そこで・・・この純粋に政治的な問題に対する答えのなかに、気に入らないことがあるのかな?それなら変えればいい。いま、ここで変えなさい。これを福音として聞き始める前に。これを事実と思い込む前に。何かについてのあなたの前の考えを、次の考えよりも重要で、妥当で、真実だと言い出す前に。覚えておきなさい。あなたの現実を創り出すのは、常にあなたの新しい考えだということを。常に、新しい考えだ。さて、この政治的議論のなかで、変えたいと思うことがあるのかな?


質問者:実は、特にありません。どっちかというと賛成です。ただ、どうすればいいかわからないんです。

好きなようにしなさい?わからないのかな?あなたはずっとそうしてきたんだよ!

質問者:オーケー、いいです・・・わかったと思います。とりあえず、この先の対話を続けたいんですね。

よろしい。では、そうしよう。




★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/01/27 07:00】 |
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!