fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
富の再分配ではなく集中が、一番執拗で破壊的な社会的、政治的ジレンマの唯一最大の原因
質問者:さっき、おっしゃりかけたのは・・・

他の社会では―悟りに達した社会では―受け取るもの(いわゆる「所得」だね)の一定の割合を、社会全体のために取り分けておくことは、どちらかというと当たり前だ、と言おうとしたのだよ。ここで考えている新しい社会では、あなたがたはできるだけ稼ぐことができるし、自分が得たものを自分で持っていることもできる。ある限度まではね。その限度は適当でいい。みんなが合意するレベルだ。

質問者:その限度を超える分は、どうなります?

貢献したのが誰かわかるように、貢献する者の名前で世界慈悲基金にゆだねられる。貢献したものはそうしたいと思えば、寄託分の60%の使い道を自分の意思で決めることができるから、自分お金を使いたいところに使うという満足感を味わえる。残りの40%は、世界連邦が法律で決めて実行するプログラムの費用にあてられる。

質問者:ある限度以上の所得は、取り上げられることがわかっていたら、それでもひとは働くでしょうか?所得がその「限度」に達したら、そこで働くのをやめてしまうことにはなりませんか?

そういう者もいるだろう。だからどうだというのかな?所得の限度以上に働いて、貢献しろとは誰も言わない。大量の兵器生産を中止するだけで、ニーズを満たせるだろう。

その上に、世界中の10%拠出分で、選ばれた少数者だけでなく、社会の全員が尊厳ある豊かな暮らしができるようになる。さらに、ある限度以上の寄付があれば、すべてのひとに機会と満足を与えられるから、嫉妬や社会的な怒りは消滅する。

一部の者―特に、人生の活動を労働だと思う者―は、途中で働くのをやめてしまうだろう。しかし、人生の活動を絶対的な喜びだと思う者は、やめないだろうね。

質問者:みんながみんな、そんな楽しい仕事ができるわけじゃないですよ。

いや、そうじゃない。誰にでもできる。

職場の喜びは、何をするかとは関係なく、何を目的としているかによっても決まる。

午前4時に起きて赤ちゃんのオムツをかえる母親なら、そのことをよく知っているよ。彼女は鼻歌交じりで赤ちゃんに話しかけるだろう。それを見て労働だなどと思う者は誰もいはしない。

どんな姿勢で取り組み、どんな気持ちで、どんな目的でしているか、それによって活動が真の喜びになる。前にも母親の例を出したが、それは、子どもへの母親の愛が、わたしが話していることに、一番近いからだ。

質問者:それにしても、「限りない所得を得る可能性」を排除する目的は何なのですか?それじゃ、人間から一番偉大な機会、一番栄光ある冒険の機会を奪うことになりませんか?

そうなっても、とんでもない大金を稼ぐ機会も冒険の機会もある所有できる所得の上限は非常に高く、平均的奈ひとが必要とする最大限のそのまた10倍よりもさらに大きい。それに、所得に制限はないのだよ。ただ、個人が使うために取っておく額に制限があるだけだ。残りは―例えば年間2500万ドルを超える分は(これはまったく思いつきの数字だが)全人類の役に立つプログラムやサービスのために使われる。どうして、そんなことをするかといえば・・・。

保有できる所得の上限というのは、地球の意識変化を反映している。つまり、人生の最高の目的は膨大な富を溜め込むことではなく、偉大な善をおこなう事だという認識、さらにその認識から生じるもうひとつの認識、つまり富の再分配ではなく集中が、一番執拗で破壊的な社会的、政治的ジレンマの唯一最大の原因だと言う認識を反映することになる。

質問者:富を―無限の富を―集積する機会こそ、世界で最も偉大な社会をつくり出した資本主義システムの土台、自由は企業活動と開かれた競争システムの土台でしょう。

問題は、あなたが本気でそう信じていることだな。

質問者:いえ、わたしは信じていませんよ。ただ、そう信じているひとたちを代弁しているんです。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫)
ニール・ドナルド ウォルシュ (2002/06)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/01/28 07:00】 | 世界情勢
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!