fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
「神との対話」3冊目のはじまり
今日は1994年の復活祭の日曜日。わたしは指示通り、こうしてペンを手にしている。神を待っているのだ。神は過去2年の復活祭のときと同じように現れ、1年の対話を始めると約束してくれた。3度目の、そして最後の対話が、いま始まろうとしている。

このプロセス、尋常でない対話は1992年に始まった。完成は1995年の復活祭になるはずだ。3年に3冊の本。1冊目では主に個人的な事柄が取り上げられた。恋愛の人間関係、自分に合った仕事を見つけること、金銭や愛情やセックス、そして神という強力なエネルギーをどう扱うか、それをどう日常生活のなかで生かしていくか。2冊目で、テーマは地政学的な考察へと広がり、政府というものの性格から、戦争のない世界の創造、統一された国際社会の基本などが語られた。三部作の最後となるこの対話では、人類が直面する最大の問題に焦点が絞られると聞いている。別の領域、別の次元をどう考えるか、そしてその複雑な綴れ織りがどんなふうに見事に組み合わされているか―。つまり、対話はこんな風に進んできた。

―個人的な真実

―地球的な真実

―宇宙的な真実

はじめの2冊では、先がどうなるかわからなかった。やり方は簡単だった。便箋を広げ、ペンを構えて質問をする。そして、心にイメージが浮かぶのを待つ。何も浮かばず、どんな言葉も与えられなければ、その日は諦めて別の日にまた試す。1冊目が出来上がるまでにほぼ一年、2冊目は1年と少しかかった(この時点で2冊目は進行中だ)。たぶん、この3冊目が一番重要な本になるのだろう。一連の出来事が始まって以来初めて、わたしはひどく落ち着かない気分でいる。最初の数行を書いてから、すでに2カ月が経った。復活祭から2カ月経つのに、何も起こらない。ただ、落ち着かない気分でいるだけだ。

この数週間、三部作の1冊目の原稿を見直して、タイプのうち間違いなどを訂正していた。2冊目の原稿は先週でいあがったばかりで、まだ手書きのままだ。「予定期日」に2カ月遅れている(本当は、1994年の復活祭に完成するはずだった)。2冊目の対話は終わっていなかったが、この本は復活祭の日曜日に始められた。しかし、それ以来、フォルダーでくすぶったままだ。2冊目が完成したので、早くこちらに取り掛かれとせきたてられている気がする。

1992年の対話開始以来始めて、わたしは恨めしいとは言わないまでも、抵抗を感じている。この使命にがんじがらめになった気分だ。大体わたしは「しなければならないこと」をするのが、大の苦手ときている。それに、1冊目の本の校正刷りを何人かに配ってみて、この三部作がきっと大勢のひとに読まれ、徹底的に検討され、神学的に分析され、何十年も激しい議論の対象になると確信した。それもあって、便箋を開くのがひどく難しい。ペンを友達と思いにくい。この本を送り出し、この情報を世間に伝えるだけでなく、わたしが神から直接告げられたのだと言えば、今後どれほどきたない攻撃にさらされ、ばかにされ、多くのひとたちの憎悪の的になるか、はっきり予想できる。

一番不安なのはたぶん、いままで犯してきた数限りない過ちや失敗を考えれば、わたしはやっぱり神の「スポークスマン」として不適切ではないか、ということだろう。

別れた妻たちや子どもたちをはじめ、以前からの知人は、わたしが夫や父親という基本的な務めさえ満足に果たせなかったダメな人間であることを理由に、この本を否定するかもしれない。夫そしても父親としても、また友情や誠実、勤勉、責任といった面でも、わたしはみじめな失敗を重ねてきた。

つまり、預言者、真実を伝えるメッセンジャーとsて不適当な人間であることは痛いほどわかっている。そんな役割を引き受けるにはあまりにも力不足だ。考えることさえ厚かましい。人生すべてが弱点の証であるようなわたしが語ったりしたら、真実そのものに傷が付くのではないか。

だから、神よ、どうかあなたの言葉の筆記者としての役目を免除していただきたいのです。誰か別の人間を、名誉ある役割にふさわしい人間を、見つけてください。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る
スポンサーサイト



【2008/02/17 07:00】 | 序文
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!