fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
生まれて40年、50年はまだ子どもなのだよ
質問者:どうしてなんでしょう?わかりません。確かに、多くの場合はおっしゃるとおりだと思いますが、どうして、そんなふうになってしまうのでしょうか?

それは、子どもを生む若者たちが子どもを育てるようにはできていないからだ。あなたのいる社会でいうと、もう育児期間が終わっている頃に、子育ては始まるべきだ。

生物学的に見て、人間は自分が子どものうちに子どもをつくることができる。驚くかもしれないが、生まれて40年、50年はまだ子どもなのだよ。

質問者:人類は40年も50年も「自分が子ども」なんですが?

ある意味から言えばそうだ。まさかと思うだろうが、回りを見回してごらん。人類の振る舞いを見れば、わたしの言うことが正しいとわかるのではないかな。困ったことにあなたの属する社会では、21歳ですでに「成人」して世間に出られると言われる。しかも、親の大半も、21歳よりそう上ではない若さで子育てを始める。それを考えれば、何が問題かわかってくるだろう。子どもを産む者が育てるべきだとしたら、50歳になるまで子どもはつくれないかもしれないな!

子どもをつくるのは、よく発達した強い身体をもつ若者の活動だ。

子どもを育てるのは、よく発達した強い精神をもつ年長者の活動だ。


あなたがたの社会では、子どもをつくった者に子育ての責任を負わせる。その結果、子育てが非常に難しくなるばかりでなく、性的な活動を包むエネルギーまでゆがめられる。

質問者:ふうむ・・・説明していただけますか?

よろしい。たくさんのひとが、わたしと同じことに気づいてきた。例えば、多くの人間(殆どの人間)は、子どもをつくれても、本当に子育てをする力はない。ところが、そこに気づいた人間は、間違った結論を出してしまった。

若者にセックスを楽しませる代わりに、また、生まれた子どもを年長者に育てさせる代わりに、「子育ての責任が取れるまではセックスをするな」と若者たちに言う。性体験をすることは「間違っている」と、人生で最も楽しく喜ばしいことの周りにタブーを築く。もちろん、若者たちはタブーには目もくれない。それも、当然だろう。そんなタブーを守るのは、全く不自然だからだ。

人間は時期が来たという内なる印を感じたらすぐ、カップルになりたい、交合したいという欲求を感じる。それが人間の自然な性質なのだ。ところが、何が自然な性質だと考えるかは、自分自身が感じることよりも、親が教えることできまる。子どもたちは、人生について親に教えてもらおうとする。

だから、お互いを覗き見たい、無邪気に互いをもてあそびたい、互いの「相違」を探求したいという欲求を始めて感じるとどうしたらいいのかと親を伺う。この欲求は「良い」のか、それとも「悪い」のか?肯定されるのか?押さえつけられるのか?妨害されるのか?眉をひそめられるのか?この人間の欲求について、多くの親たちは様々なことを基本に、子どもたちに語る。自分が教えられたこと。宗教が教えていること。社会が考えること。何でもだが、物事の自然な秩序だけは基本にされない。

人間という種の自然な秩序では、セクシュアリティは9歳から14歳で芽生える。15歳にもなれば、大抵ははっきりと存在しているし、外に現れる。そこで時間との競争が始まる。子どもたちは自分の喜ばしい性的エネルギーを思い切り発散させようと突っ走り、親たちはそれを止めようと突っ走る。

この闘いでは、親にはあらゆる助け、あらゆる援軍が必要だ。さっきも言ったとおり、子どもたちに自然な性質そのものであることを禁止しようというのだからね。

そこで、大人たちは家族、文化、宗教、社会、経済とあらゆる圧力やら制約を編み出して、子どもたちに対する不自然な要求を正当化してきた。子どもたちは、自分自身のセクシュアリティを不自然なものだと思って育った。「自然」なことがこれほどはずかしめられ、禁止され、管理され、押しのけられ、制約され、たがをはめられ、否定されてきたのだろうね?

質問者:でも、そこまでおっしゃるのは、ちょっと大げさすぎるんじゃありませんか?

そうかな?親たちが身体器官の一部の正しい名前さえ口にしないとしたら、4、5歳の子どもにどんな影響を与えると思う?あなたは子どもたちに、どのくらいこだわりなく口にできるかな?また、子どもたちが、どのくらいこだわりなくできればいいと思うかな?

質問者:うーん・・・。

そう、「うーん」だろう。

質問者:ですが、うちのおばあちゃんがよく言ったように、「そういう言葉は使わないことになってる」んですよ。それよりも、「おしっこ」とか「おしり」とか言う方が、聞こえがいいから。

あなたがたがそういった身体器官の名前に強いマイナスの「イメージ」をもっていたるから、普通の会話のなかで使えないだけだよ。

もちろん、幼い子どもたちは、どうして親がそんな態度をとるのかわからない。ただ、身体器官の一部は「OKじゃない」し、関係することはすべて「まずい」という消えない印象を飢えつけられる。

10代になった子どもたちは、本当はそんなことはないと気づく。だが、そのころには、妊娠とセクシュアリティの関係をはっきりと教えられ、生まれた子どもは育てなければならないと言われるから、別の意味で性の表現は「まずい」と思うようになる。こうして、円は完成する。

それであなたがたの社会はどうなるか。紛糾し、少なからぬ混乱に陥る。自然をばかにすると、必ずそういう結果になるのだよ。あなたがたは性的な気まずさ、抑圧、恥ずかしさを生み出した。それが性的禁忌、機能不全、暴力につながる。

社会全体としては必ず、気まずいことは禁止させるし、抑圧されたことは機能不全に陥る。恥かしくないことを恥ずかしいと思わされると、暴力的な行動になるのだ。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/03/01 21:00】 |
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!