fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
ひとは死んだらどうなるか
質問者:ここで、死について話してもいいですか?この3冊目の対話では、より高い真実、宇宙の真実について話そうとおっしゃいましたね?これまでの対話のなかでは、死についても、死後どうなるかについても、あまり話してきませんでした。だから、いま話したいんです。いかがですか。

いいだろう。何が知りたい?

質問者:死んだらどうなるんですか?

どうなってほしい?

質問者:とおっしゃいますと、どうなるかは自分で選択できるということですか?

死んだら、創造しなくなると思うのか?

質問者:さあ、わかりません。だから、お尋ねしているんです。

なるほど、道理だ(ところで、あなたはもう知っているのだよ。だが、どうやら忘れたらしい。それはそれでよろしい。すべては計画通りということがから)。

死んでも、創造をやめはしない。こう言えばはっきりしたかな?

質問者:ええ。

よろしい。さて、死んでも創造をやめない理由は、死にはしないからだ。死ぬことはできない。あなたがたは、生命そのものだ。生命が生命でなくなることはできない。したがって、死ぬことはない。では、臨終のときに何が起こるか・・・生き続けるのだよ。

だから、「死んだ」ひとの多くは、自分が死んだとは信じられない。死を経験しないから。それどころか、自分を非常に活き活きと感じる(本当に、活き活きとしているからだがね)。そこで、混乱が生じる。

「自己」には身体がボロボロになって、じっと横たわっているのが見えるかもしれない。だが、「自己」はあらゆる場所を飛びまわれる。文字通り、空間から部屋を見下ろす経験もする。それから、あらゆる場所のあらゆるところに、いっぺんに存在する。どこかに視点を定めたいと考えると、たちまちそうなる。「おかしいな、なぜ、わたしの身体は動かないのだろう?」と不思議がれば、魂は(「自己」をこう呼ぶことにするが)、自分がじっと動かない身体を見下ろしているのに気づくだろう。

誰かが部屋に入ってくる。魂が、「誰だろう?」と思えば、その途端、その人物の正面に、あるいは隣にいる。こうして、ほんの短い時間に、魂は思考と同じスピードでどこにでも行けるのだということを学ぶ。魂は信じられないほどの自由と軽やかさを感じるが、思考のスピードであらゆる場所を飛び回るのに「慣れる」には、普通は少々、時間がかかる。

もし子どものことを考えたとすれば、子どもがどこにいようと、たちまち魂は子どもの側にいる。こうして魂は、どこへでも行きたいところに思考のスピードで行けるだけでなく、いっぺんに2つの場所にいられることも学ぶ。それでどろころか、3つの場所でも、5つの場所でも同じだ。

魂は困難も混乱もなく、いくつもの場所に存在し、観察し、そこで行動できる。それから、焦点を定めるだけでひとつの場所に戻り、自分と「再合体」する。

次の生命のなかで、魂は、この世でも覚えていた方がよかったことを思い出す。すべての出来事は思考が創り出すもので、それは意図した結果の現れということだ。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/03/13 21:00】 |
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!