fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
地獄を経験できないなんて言ったことはないよ。地獄は存在しないといったのだ
質問者:それでは、地獄に行くこともありうるわけですね。生涯、地獄はきっと存在する、神が「生者と死者」に審判を下し、「麦と籾殻を」、「ヤギと羊を」分け、神に背いた者は必ず「地獄へ」行くと信じていた者は、本当に地獄へ行くんじゃありませんか!彼らは地獄で永遠の業火に焼かれるんだ!どうすれば、逃れられますか?この対話で地獄などないと繰り返しおっしゃった。だが同時に、わたしたちは自分で自分の現実を創り出す、どんな現実でも思考によって創造できるとも繰り返された。だから、地獄の業火も呪いも、それを信じる者には存在するんじゃありませんか。

究極の現実のなかには、究極の現実しか存在しない。だが、自分が選んで下位の現実を創り出すこともある。それはあなたの指摘通りだ。そのなかには、あなたが言ったような地獄の経験もある。地獄を経験できないなんて言ったことはないよ。地獄は存在しないといったのだ。あなたがたの経験の殆どは存在しないが、それでも経験している。

質問者:いやあ、嘘みたいだ。友人のバーネット・ベインが、まさに、その通りの映画を製作したんですよ。いまは1998年8月7日です。この部分は2年前の対話にあとから書き込んでいますが、原稿を出版社に贈る直前にもう一度読み返していて、気づいたんです。おいおい!ここで話した通りの映画にロビン・ウィリアムズが出演しているじゃないか、と。『奇跡の輝き』という映画ですが。

よく知っているよ。

質問者:本当ですか?神さまは映画を見るんですか?

神が映画をつくるんだよ。「オー・ゴッド!」という映画を見たことがないかね?

質問者:そりゃ、ありますよ。でも・・・。

それでは、神は本を書くだけだと思っていたのかな?

質問者:すると、ロビン・ウィリアムズの映画は真実なんですか?つまり、あの通りなんですか?

いやいや。神性に関しては、どんな映画も本も説明も、文字通りの真実ではない。

質問者:それじゃ、聖書はどうですか?聖書も文字通り、真実じゃないんですか?

違う。そんなことはもう、わかっていると思っていたがな。

質問者:それじゃ、この本はどうなんですか?この本は、文字通りの真実でしょう!

いや、こんなことは言いたくないが、あなたは自分というフィルターを通して、これを世に出している。だいぶフィルターの通りがよく、綺麗になったのは認めるがね。あなたは、とても良いフィルターになったよ。だが、フィルターであることに変わりはない。

質問者:わかっています。もう一度、確かめたかっただけなんですよ。こういう本や映画を、文字通りの真実だと受け止めるひともいますからね。そいうのは、やめてもらいたいんです。

あの映画の脚本家やプロデューサーは、不完全なフィルターを通して大きな真実を語っている。彼らが言いたかったのは、死後、自分が経験すると期待し、選択するとおりのことが現実になるだろう、ということだ。その点は、実に効果的に表現したね。さて、さっきの話に戻ろうか?

質問者:はい。地獄はないが、それでも地獄を経験するのだとしたら、どこに違いがあるんですか?

自分が創り出した現実に留まっている限りは、違いはないね。だが、永遠にその現実を創っているわけではない。「10億分の1秒(ナノセカンド)」しか経験しないひともいる。だから、そういうひとたちは、個人的な想像のなかの悲しみや苦しみも経験しないだろう。

質問者:でも、生まれてからずっと、「そういう場所があて、そこへ追いやられるようなことを自分はした」と信じていたとしたら、どうすればその場所をいつまでも創り続けなくても済みますか?

知識と理解だ。

この世では、前の瞬間に獲得した新しい理解が次の瞬間を創り出すように、「来世」でも、前の知識や理解が新しい瞬間を創り出す。そして、「来世」で瞬時に理解できることがひとつある。経験は選べるということだ。それがすぐにわかるのは、来世ではたちまち結果が生じるからだ。だから、自分の思考と物事の繋がりも、思考が経験を創り出すことも、間違いようがない。

自分が自分の現実を創り出していると気づくだろう。


質問者:それで、幸せな経験をするひともいるし、恐ろしい経験をするひともいるんですね。深い経験をするひとも、薄っぺらな経験をするひともいる。また、死後について、実に様々な物語がある理由もわかります。臨死体験者のなかには、平和と愛が溢れていて、死の恐怖は全くなかったというひともあれば、本当に恐ろしかった、確かに闇と悪の力に出会ったというひともいます。

魂は、精神の最も強い示唆に応えて、経験を再創造する。

魂がしばらくその経験に留まると、非常に現実的になる。身体に宿っているときのように、その経験に留まり続けていることもある。だが、それも本当は現実ではないし、永遠でもない。また、すぐに適応して経験とは何かを見抜き、考えを新しくして、新しい経験に移る魂もある。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/03/19 21:00】 | 世界情勢
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!