fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
とある宗教、信者をつなぎとめるために・・・
質問者:どうしてですか?どうして、教義がそれほど脅かされるんですか?

教会は、善行を積め、さもないと・・・と脅していた。そこへ、輪廻転生をとくものが現れて、「このあとにもチャンスはあるし、さらにそのあとにもチャンスはある。まだまだ、チャンスはあるのだよ。心配しなくていい。ベストを尽くしなさい。恐怖にすくむことはない。今度はもっとがんばろうと決心して、進めばいい」と言った。

当然、初期の教会はそんなことに耳をかすはずがない。だから、2つの行動に出た。告解は教会に輪廻転生の教義は異端だと否定した。それから、告解の秘蹟を編み出した。告解は教会に通うものにとって、輪廻転生と同じことを約束してくれた。つまり、もう一度チャンスをくれたのだよ。

質問者:そこで、告解、つまり懺悔(ざんげ)をしない限り、神の罰を受けるという考え方が出来上がったんですね。懺悔をすれば大丈夫、神が懺悔を聞いて赦してくださる、と。

そう。だが、そこに落とし穴があった。罪の赦しは、直接神から来るのではなかった。教会を通じて与えられた。「罪の償い」にこうしなければならぬと聖職者が言い渡したのだ。普通は、罪人は祈りなさいと言われた。これで、教会員をつなぎとめておく理由が2つできたわけだ。

告解が良い切り札だと気づいた教会は、まもなく告解をしないのは罪だと宣言した。誰でも、少なくとも年に1度は告解をしなければならない。もし、しなければ、神の怒りに触れる理由がまた増える。こうして、教会は次々にルールをこしらえた。殆どは恣意的で気まぐれな規則だが、どれも神の永遠なる断罪の力を盾にしていた。もちろん過ちを懺悔すれば神に赦され、罪はまぬかれた。

ところが、別の問題が生じた。それなら、懺悔すれば何をしてもいいのだろう、と人びとが考えた。教会は困ってしまった。人びとの心から不安と恐れが消えたからだ。ひとは教会に通わなくなり、教会費が激減した。年に1度「告解」をしにやって来て、悔い改めて祈りを捧げ、罪を浄めてもらって、またいつもの暮らしに戻ってしまう。問題は明らかだった。もう一度、人びとの心に不安を恐れを叩き込まなければならない。そこで、煉獄が考え出された。

質問者:煉獄ですか?

煉獄だ。そこは地獄と似ているが、ただし永遠ではない。この新しい教義は、たとえ懺悔しても神はあなたの罪を罰するのだと宣言した。この教義では、神は不完全な魂のそれぞれに、犯した罪の数と種類に応じた苦難を言い渡す。「大罪」と「軽い罪」とがあった。

大罪を犯して、死ぬ前に懺悔しなければ、即座に地獄行きだ。

こうして、また教会に通うひとは増えた。集まる金も増えた。特に献金が増えたね。煉獄の教義には、金を払えば苦しみをまぬかれるという方法も含まれていたからだ。

質問者:はあ・・・?

教会の教えによれば、特別の免罪符をもらうことができる。ただし、これも神から直接ではなく、教会のお偉い方を通してだけ入手できる。この免罪符があれば、犯した罪の「報い」である煉獄の苦しみをまぬかれる。少なくとも、軽減される。

質問者:「態度神妙なるにつき、減刑」というわけですね?

そう。もちろん、減刑してもらえる者はごく僅かだ。大体は、教会に大金を寄付したものだな。本当に膨大な献金をすると、全免償というものをもらえる。煉獄にとどまる必要が全くなくなる。天国への直通切符だ。

この神からの特別の恵みが得られるのは、さらに僅かだ。王族かな。それに、超がつく金持ちだ。この全免償と引き換えに教会の懐に入った金や宝石、土地は膨大なものだった。

だが、こういう特権から諦め出された大衆(mass)には、欲求不満と恨みがつのった。(mass)と言っても、ミサ(mass)のことじゃないよ。

貧しい農民は司教から免償をもらうことは望めなかった。だから、一般信者はこのシステムへの信頼を失い、教会に通うものはまた減りそうになった。

質問者:で、今度は何をしたんですか?

「9日間の祈り」のロウソクを考え出した。

教会に行って、「煉獄にいる哀れな魂」のためにロウソクを1本ともし、「9日間の祈り」を捧げると(これは決まった順序であげる祈りで、かなりの時間がかかる)、亡くなった愛する者の「刑期」を何年か減らすことができる。死者はもともと神が定めたよりも早く、煉獄から出られるわけだ。

人びとは自分のためには何もできないが、少なくとも亡くなった者のために祈れるようになった。もちろん、ロウソクがともされるたびにコインが1枚か2枚、献金されれば、それも役立つだろう。たくさんの赤いガラスの向こうで、たくさんの小さなロウソクがちらちらともり、たくさんのコインが献金箱に落とされた。みんな、煉獄にいる魂にかした苦しみを、わたしに「軽減」させたいからだ。

質問者:まさか!驚いたな。それで、人びとはそのカラクリに全然気づかなかったんですか?それもこれも、教会の必死の試みで、教会は彼らが神と呼ぶ「ならず者」から身を守ろうと必死な信者をつなぎとめておこうと必死なのだ、ということがわからなかったんでしょうか。

そう、そのとおり。



★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/04/15 21:00】 | 宗教
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!