fc2ブログ
「神との対話」 ~アセンション&意識変容~
「アセンション」が意味するものとは!ニール・ドナルド・ウォルシュの著書「神との対話」からのメッセージが、「あなた」を思い出す機会を与えてくれることを心より祈っています。
愛と結婚
最初に浮かぶ言葉は、無制限ということだな。愛とは無制限だ。

質問者:それじゃ、振り出しに戻ってしまいますよ。同じ輪の上の堂々巡りです。

輪というのはいいものだよ。悪くいうものではない。めぐり続けなさい。問題の周りをめぐり続けなさい。めぐるのはいいことだ。繰り返しもいい。再訪も、言葉の繰り返しも結構。

質問者:ときどき、イライラしてくるんだがなあ。

ときどき?それはおかしなことを聞くね。

質問者:わかりました、わかりましたよ。先を続けてください。

愛とは、無制限なものだ。はじまりもなければ終わりもない。以前も以後もない。だから、愛は常にある。常に現実だ。

さて、さっき使った言葉に戻ろうか。自由だ。愛が無制限で、そして常にあるなら、愛は・・・自由だ。愛は完璧な自由なのだよ。

ひとは常に愛し、愛されたいと願っている。そうだろう。常に、愛が無制限であってほしいと願っている。そして、それを自由に表現したいと願っている。

あなたがたは愛の経験のすべてで、自由と無制限と永遠を求める。いつも実現するとは限らないが、求めてはいる。愛とはそういうもので、ひとは心の奥底ではそれを知っているから求める。

なぜ知っているか。あなたは愛であり、愛の表現を通して、本当の自分を知り、経験するからだよ。

あなたがたは、生を表現する生であり、愛を表現する愛であり、神を表現する神だ。


だから、これはみんな同義語だよ。同じものだと考えればいい。

神―生命―愛―無制限―永遠―自由

このどれにもあたらないものは、他のどれでもない。

これがあなたがただ。「遅かれ早かれ」、そういうものとして自分を経験したと願うようになる。

質問者:「遅かれ早かれ」とは、どういうことですか?

いつ、不安を克服するかによる、ということだよ。さっきも言ったとおり、不安は本当のように見えるが、偽りの証だ。本当のあなたではない。

あなたがたは自分でないものの経験を終わったとき、本当の自分を経験しようとする。


質問者:不安を経験したいなんて、誰が思うんでしょう?

誰も思いはしない。教えられたのだ。

子どもは不安を経験しない。坊やは何でもできると思っている。また、自由の欠如も経験しない。幼い女の子は誰でも愛せると思っている。子どもたちは、自分が永遠に生きていると思っている。子どものようにふるまうひとは、自分を傷つけるものは何もないと思っているよ。

また、子どもたちは、神々しくないものは何も知らない。ただし、大人に神々しくないものを教えられるまでは、だから、子どもたちは裸で走り回り、誰にでも抱きつき、それを大変なことだと思わない。大人に同じことができたら、どうだろうね。

質問者:でも、子どもたちは美しい無邪気さからそうするんです。大人は、そんな無邪気さを取り戻すことはできません。大人が「裸」になったら、常にセックスみたいなことがつきまといますから。

そうだね。そして、もちろん、神は「セックスみたいなこと」が無邪気に自由に表現されるのを禁じているわけだ。

質問者:そう、神は禁じたんです。アダムとイヴは裸でエデンの園を走り回って幸せだった。ただし、イヴが木の実を、善悪を知る智恵の木の実を食べるまではね。そのとき、あなたは、わたしたちにいまの状態を宣告なさった。わたしたちすべてが現在を負ったのです。

そんなことはしないよ。

質問者:わかってます。でも、ここで既存の組織的宗教に一矢報いておかなくちゃ。

できるなら、そんなことはしないほうがいいな。

質問者:わかりました。そうですね。組織的宗教にはほとんどユーモアのセンスがないからなあ。

そらそら。

質問者:すいません。

わたしが言ったのは・・・人間という種は、無制限で永遠で自由な愛を経験したいと切望するということだ。結婚という制度は、永遠を創造しようとする試みだった。結婚によって、生涯のパートナーに
なることを約束し合おうとした。だが、「無制限」で「自由」な愛の創出にはあまり役立たなかったね。


質問者:どうしてでしょう?結婚が自由に選ばれたものなら、自由の表現なのではありませんか?配偶者以外にはセクシュアルな愛を示したりしないというのは、制約ではなくて選択でしょう。選択は制約じゃなくて、自由の行使ですよね。

それが選択であるあいだは、そうだね。

質問者:でも、そのはずでしょ。約束なんだから。

そう・・・そこがトラブルのもとだ。

質問者:説明してください。


★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!↓↓↓↓↓↓↓↓↓のブログランキングのクリックにご協力下さい。m(_ _)m
         


神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫)
(2002/06)
ニール・ドナルド ウォルシュ

商品詳細を見る


スポンサーサイト



【2008/05/19 21:00】 | 恋愛/人間関係
| ホーム |
カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

神との友情 上下巻


最近の記事

90%以上が体感してない?

【光雲】ルチルブレスレット専門店

月別アーカイブ

プロフィール

SUN

Author:SUN
「神との対話」を読んで感銘
を受けました。あなたと共有
できることを感謝します。
【お願い】
初めてアクセスされた方は、
「はじめにお読み下さい」
から読み進めてくさい。

★★★ご協力下さい★★★
下の2つのブログランキングをクリックしていただくだけで、沢山の方とこのブログが共有することができます。1日1回!下のブログランキングのクリックにご協力下さい。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

神とひとつになること

明日の神

新しき啓示

神へ帰る

出版年月順

①神との対話 1、2、3巻
②神との対話365日の言葉
③神との友情 上、下巻
④神とひとつになること
⑤神との対話 フォトブック-ちいさな魂と太陽
⑥新しき啓示
⑦明日の神
⑧神へ帰る

神との対話―365日の言葉

フォトブックちいさな魂と太陽

ブロとも一覧


過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ブログ内検索

RSSフィード

お薦めブログ&サイト

 このブログをリンクに追加する

メッセージを送る

 管理人にメッセージを送る

クリック募金


募金サイト イーココロ!